印刷 | 通常画面に戻る |

レオ10世

ラファエロ『レオ10世』
ラファエロ『レオ10世』部分

16世紀のローマ教皇。メディチ家出身。贖宥状を発行し、ルターの宗教改革をもたらした。ルネサンスの保護者としても知られる。

 フィレンツェのメディチ家出身のローマ教皇。在位1513~1521年。サン=ピエトロ聖堂の改修費用を得るために、ドイツで贖宥状(免罪符)を発売し、それを批判したルターが宗教改革を開始した。
 レオ10世はルネサンスの保護者として知られ、特にラファエロを後援したことで有名である。彼の時代にはサン=ピエトロ聖堂の改修はほとんど進まず、彼はもっぱら教皇の住む宮殿の増築に費用を充てたという。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章2節 イ.文芸と美術
8章3節 ア.宗教改革