印刷 | 通常画面に戻る |

宗教戦争

16~17世紀のヨーロッパで展開されたキリスト教新旧両派の戦争。

 宗教改革で生み出されたプロテスタント(新教)とカトリック(旧教)の対立が激化し、16世紀中頃から17世紀前半の約1世紀間、ヨーロッパで吹き荒れた戦争。まずドイツにおける、シュマルカルデン戦争(1546~47)に始まり、フランスのユグノー戦争(1562~98)などの同一民族が争う内戦が起こった。さらにオランダ独立戦争(1568~1609)は旧教国スペインから新教徒の国オランダが独立を求めて戦ったもので宗教戦争の要素が強い。そしてドイツの三十年戦争(1618~1648)は、ドイツの新旧両派の領邦の争いに、ヨーロッパの新旧両派の国家が介入した、国際的な宗教戦争であった。三十年戦争の後は、宗教的な寛容が進み、宗教的対立より、政治的・経済的利害の対立から戦争になる時代に移行する。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章3節 ア.宗教改革の始まり