印刷 | 通常画面に戻る |

ウェストファリア条約

1648年、三十年戦争の講和条約。最初の近代的な国際条約とされ、主権国家間の国際関係である主権国家体制が成立したという意義がある。

 1648年、ウェストファリア会議で成立した、三十年戦争の講和条約。世界最初の近代的な国際条約とされる。ウェストファリアは、ネーデルラントに接したドイツ西部の地方で、その中心の二つの都市、ミュンスター市とオスナブリュック市で講和会議が開かれた。会議は1642年に開催されることになったが、皇帝とカトリック諸侯の内輪もめや、フランスの参加が遅れたことなどのため、1644年にようやく始まった。会議の場所が二カ所になったのは、フランス(ミュンスター市)とスウェーデン(オスナブリュック市)という戦勝国を分離させ、それと個別に交渉して有利に講和しようと言うドイツ諸侯の策謀があったからであった。いずれにせよ、神聖ローマ皇帝、ドイツの66の諸侯、フランス、スウェーデン、スペイン、オランダなどの代表が参加した、世界で最初の大規模な国際会議であった。会議は45年から実質的な討議に入り、延々と3年を要して、1648年にようやくウェストファリア条約が締結され、三十年戦争を終結させた。

条約の内容

:次の5点に要約することが出来る。
  1. アウクスブルクの和議が再確認され、新教徒の信仰認められる。またカルヴァン派の信仰も認められた。(宗教戦争の終結)
  2. ドイツの約300の諸侯は独立した領邦となる(それぞれが立法権、課税権、外交権を持つ主権国家であると認められる)。 → 神聖ローマ帝国の実質的解体
  3. フランスは、ドイツからアルザス地方の大部分とその他の領土を獲得。
  4. スウェーデンは北ドイツのポンメルンその他の領土を獲得。
  5. オランダの独立の承認(オランダ独立戦争の終結)と、スイスの独立の承認
 なお、フランス(ルイ14世・マザラン)とスペイン間の戦争は継続され、両者の講和は遅れて1659年のピレネー条約で成立した。ピレネー条約でフランスはアルトワを獲得、ルイ14世とスペイン王フェリペ2世の娘マリー=テレーズの婚姻を取り付けた(これは後に重要になる)。またこの時イギリスはピューリタン革命の最中であったので、この条約には関わっていない。

条約の意義

:次の3点に要約することが出来る。
  1. 宗教改革以来の新旧両派の対立を終わらせ、ヨーロッパ中央部を人口及び資源の面でカトリック圏とプロテスタント圏に均等な勢力圏を構成させ、勢力均衡を図った。
  2. この条約によって、神聖ローマ帝国は実質的にドイツ全土を支配する権力としての地位を失い、ハプスブルク家はオーストリアとその西方を領有することになった。そのため、ウェストファリア条約は「神聖ローマ帝国の死亡証明書」と言われている。
  3. また、神聖ローマ帝国の実質的解体に伴って、ドイツの領邦はそれぞれ独立した領邦国家として認められた。これによって中世封建国家に代わって主権国家がヨーロッパの国家形態として確立したとされている。
 → 主権国家体制
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章4節 カ.17世紀の危機と三十年戦争