印刷 | 通常画面に戻る |

ローマ=カトリック教会

ローマ教皇を神の代理人とするキリスト教の主流となった教会組織。ローマ帝国の国教となって地中海世界に広がり、さらに8世紀からはフランク王国と結びついてヨーロッパに定着し、教皇を頂点とした聖職者位階制を形成した。反面、聖像禁止令をめぐってコンスタンティノープル教会との分裂、10世紀以降は神聖ローマ帝国の保護を受けた。しかし、聖職叙任権をめぐり皇帝と対立し、13世紀まで優位に立って教皇権は全盛期を迎えた。一方で教会の堕落などに対する批判も始まり、16世紀初めドイツのルター、フランスのカルバンなど宗教改革が始まり、新教(プロテスタント)が成立すると、旧教といわれるようになる。その後、激しい宗教戦争が展開された。現在はローマ=カトリック教会の信者数は12億人と言われている。

 イエスの教えから始まるキリスト教の主流として、現在に至るまで大きな勢力を持っている教団。カトリックという言葉は、普遍的とか世界的とかを意味するギリシア語のカトリコスからきたもの。ローマ教会(聖ペテロ教会)はイエスの使徒のリーダーだったペテロが建てたものとされ、キリスト教の五本山の中でも特別な地位が与えられ、ローマ司教はローマ教皇(法王)と言われるようになった。

ローマ教会の成立

   イエスの十二使徒の一人、ペテロが創建したとされるローマ教会(聖ピエトロ教会)の司教は、キリスト教信仰の中でペテロの後継者という特別の地位が与えられていた。しかしはじめは、五本山の一つにすぎず、またローマ帝国の国教となってからは、ローマ皇帝が教会に対する命令権を持っていたため、その保護を受けながら、皇帝に服さなければならなかった。

正統の確立

 キリスト教は313年のミラノ勅令でローマ帝国のもとで信仰が認められ、さらに392年にキリスト教は国教とされるが、その間に教義の統一の必要がでてきたため、たびたび宗教会議を開催し、325年にアタナシウスの唱える三位一体説が正統とされ、教義を確立させた。その後もいくつかの異端が現れたが、5世紀初めにはアウグスティヌスなどの教父によって三位一体説などのキリスト教神学が深められた。

教会と修道院

 北アフリカのカルタゴで異教のマニ教に入信するなどの過ちを犯したのち回心した教父アウグスティヌスは430年に『神の国』を著し、教会を現世における神の国と位置づけて信仰の拠り所とした。それによって、キリスト教はローマ帝国の国教であったにもかかわらず、その滅亡後も存続できたと考えられる。ゲルマン人支配下のヨーロッパにおいても各地に教会が建設され、聖職者が配置されていった。また5世紀頃、アイルランドにおいて修道院が生まれ、信仰の修業と聖書研究や写本の製作を通じてキリスト教文化を深める場となっていった。

東方教会との対立

 西ローマ帝国滅亡後は、その保護者を失ったので、東ローマ皇帝を頼らざるを得なくなった。ローマも西ゴートのアラリックや、フン人のアッティラなどの掠奪を受けて教会も存亡の危機に立たされたが、アッティラの侵入の際はレオ1世がアッティラを説得して平和を守ったと伝えられている。こうしてローマ司教の名声は上がったが、東ローマ帝国の繁栄を背景にしたコンスタンティノープル教会とは、次第に対立の構図が出来上がっていく。コンスタンティノープルの東方教会は、ビザンツ皇帝が聖職者の叙任権を握る皇帝教皇主義を明確にし、次第にローマ教会との違いが大きくなっていった。

ローマ教会の危機

 次第に東ローマ帝国のコンスタンティノープル教会との間で、教会の首位権を争うようになっていたが、ローマ教会は西ローマ帝国滅亡後、イタリアがオドアケルの国、東ゴート王国、ランゴバルト王国というゲルマン人諸国の支配を受けた。これらのゲルマン諸国は文化面ではローマ化していったが、信仰面では異端とされるアリウス派を信仰していたため、ローマ教会は苦境に立たされた。

フランク王国との結びつき

 その窮地を救ったのがフランク王国であり、496年クローヴィスの改宗によってローマ教会はフランク王国との結びつきを強め、それを新たな政治的保護者とすることによって、ビザンツ帝国およびコンスタンティノープル教会と対抗することができた。
グレゴリウス1世 6世紀にはベネディクトゥスによる修道院運動が始まり、ローマ教皇グレゴリウス1世はベネティクト派の修道士を派遣してゲルマン人への布教を積極的に進め、西ヨーロッパの隅々まで教会組織を拡張し、カトリックの典礼を定め、実質的な最初のローマ教皇としてカトリック教会の基礎を確立した。

聖像崇拝問題

 7世紀には東方のアラビア半島にムハンマドが現れ、同じ一神教であるイスラーム教を創始し、ビザンツ帝国領を脅かすようになった。それに対抗するため東方教会は726年の聖像禁止令を出し、聖像による布教を認めるローマ=カトリック教会との間で対立が表面化した。

教皇領の成立

 この間、フランク王国では732年の トゥール・ポワティエ間の戦いでイスラーム軍を撃退したカール=マルテルの子の ピピンは、751年にカロリング朝を開き、それを認めてもらった返礼としてイタリアのラヴェンナ地方を寄進した。このピピンの寄進によってローマ教皇領が成立し、ローマ=カトリック教会は経済的基盤を得て封建領主となり、政治的な力も持つようになった。

カールの戴冠

 キリスト教両教会の対立は、聖像崇拝問題でさらに厳しくなっていたが、800年にはローマ教皇レオ3世は、フランク王国のカロリング朝カール大帝に西ローマ皇帝の帝冠を授け、このカールの戴冠によって西ヨーロッパ世界は宗教的にも政治的にも東方世界と分離することになった。カールはキリスト教世界の保護者として東方ではアヴァール人の侵入を撃退し、イベリア半島ではイスラーム軍と戦い、フランク王国の領土を拡張した。

東西教会の分離

 9世紀末から11世紀半ばまで、ローマ教会は聖職売買や聖職者の妻帯などのローマ教皇の腐敗が深刻になっていった。またフランク王国もカール大帝の死後、分割相続のため西フランク、東フランク、中部フランクの三つに分裂し、争うようになった。962年には東フランクのオットー1世は、教皇ヨハネス12世からローマ皇帝の帝冠を受け、このオットーの戴冠におって神聖ローマ帝国の始まりとなり、教皇・聖職者は皇帝や国王などの世俗の権力に従属する傾向が強くなった。また、東西教会の対立も決定的になり、両者は長い交渉の後、ついに1054年に互いに相手を破門し合ってキリスト教教会は東西に分裂することとなった。

グレゴリウス改革

 東西教会の分離と同時に、ローマ=カトリック教会は、ローマ教皇を頂点とした聖職者階層制組織(ヒエラルキア)をつくりあげ、西ヨーロッパ世界の政治・社会・文化の上で重要な存在となっていった。11世紀後半にはグレゴリウス7世は「グレゴリウス改革」といわれる教会の綱紀粛正に努め、叙任権闘争を通じて世俗の皇帝権力を上回る権威を確立した。

十字軍運動と教皇権の最盛期

 そのような権威を背景に11世紀末から教皇ウルバヌス2世が提唱した十字軍運動を展開、第1回十字軍はイェルサレム占領に成功したこともあってローマ教皇の権威が高まり、同時にイベリア半島ではレコンキスタが展開され、ドイツ人の東方植民もスラブ人居住地に及んでいって、ヨーロッパ全域でキリスト教世界の膨張する動きが出てきた。
 キリスト教教会は中世においては一定の平和維持機能の役割も果たしていたことは、11世紀を中心に神の平和といわれる運動が展開され、「神の休戦」が呼びかけて領主間の争いを調停することも行われた。
 こうして、西ヨーロッパでは、13世紀に教皇インノケンティウス3世のもとで、ローマ=カトリック教会の全盛期を迎えることとなる。
→ ローマ教皇権の衰退 宗教改革