印刷 | 通常画面に戻る |

ツヴィングリ

ルターに共鳴し、スイスのチューリヒで宗教改革を開始した人物。

ツヴィングリはスイスチューリヒの郊外で、ルターの翌年(1484)に生まれた。ウィーンやバーゼルの大学で学び、エラスムスの影響を受け、合理的な精神を培った。チューリヒに司祭として赴任したが、ルターの宗教改革が起きると共鳴して、1519年頃から福音主義に基づき、ローマ教会を厳しく批判し始めた。彼はルターよりも徹底して聖像や聖画、修道院制度やミサなどの儀式を批判し、その廃止を主張した。1523年チューリヒの市参事会で彼の主張が認められ、改革が始まった。

ツヴィングリの戦死

 1529年にはルターと会談し、共同した改革を目指したが、ミサのパンと葡萄酒の解釈で対立し、不調に終わった。スイス諸州はツヴィングリ派とカトリック派に分かれて内戦となり、1531年カッペルの戦いでツヴィングリが戦死し、スイスの宗教改革はいったん頓挫する。ツヴィングリ派の急進派で、幼児洗礼を認めない一派は再洗礼派として分派を作ることとなる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章3節 イ.カルヴァンと宗教改革の広がり