印刷 | 通常画面に戻る |

傭兵

古代から中世の戦争で金銭で雇われた兵士。15~18世紀ヨーロッパでは軍事革命により傭兵が戦争の主体となったが、国民国家への転換に伴い姿を消した。ただし現代においても姿を変えて存在している。

 国家、または権力者が金銭で雇った兵士。公権力によって徴兵、あるいは募兵された軍隊と異なる暴力装置として、世界史上、各地で存在している。古代地中海世界から中世、近代初頭のヨーロッパでは次のような傭兵の存在があった。  

ギリシアの傭兵

 ギリシアのポリス社会では市民が重装歩兵として国防に参加する義務を負い、その発展を支えていたが、ペロポネソス戦争が長期化する中で、各国とも農地が荒廃し、市民が没落、彼らを兵力とすることが困難となってきた。特にアテネでは前430年ペストの大流行で人口が減少し、クレタ諸島やバレアレス諸島(スペインの東の地中海上の島々)などから多数の傭兵を雇い入れることになった。傭兵は、アジアの専制国家においても早くから用いられており、ペルシア帝国の内乱の時、クセノフォンに率いられたギリシア人傭兵部隊が活躍したことは有名である。

ローマの傭兵

 ローマにおいても共和政時代は市民が重装歩兵として軍事的基盤をになったが、次第に有力者が没落した市民を私兵として雇うようになり、マリウス兵制改革で職業軍人制が導入され、市民軍体制が崩れていった。カエサルに代表される有力者はそれぞれ私兵を養って勢力を伸ばし、互いに争った。帝政時代には北方からのゲルマン民族の侵入に悩まされるようになるが、一方でゲルマン民族でローマ領内に移住したものを傭兵としてローマの防衛に当たらせるようになる。やがて西ローマ帝国はゲルマン人の「傭兵隊長」オドアケルによって滅ぼされる。

ヨーロッパの中世から近世へ

 中世ヨーロッパの軍事力は、基本的には封建領主層の主従関係で結びついた騎士階級が騎馬で戦うことが主体であった。また補助的に用いられた兵士は、弓矢を使って戦ったが、彼らは領主である騎士が荘園の農奴を経済外的強制によって動員することでまかなった。国王と雖も国民を直接兵士として動員することは出来ず、貴族たちの動員する封建的軍隊に依存していた。
 しかし、封建諸侯の封建的主従関係が次第に崩れてくると、封建的軍隊の動員に限界が生まれ、次第に給与を支払って兵士として雇用する傭兵が多くなっていった。14世紀の中世後期になるとその傾向はいっそう進み、百年戦争になると、多くの戦場で傭兵が働くようになり、そのような戦争形態が一般的になっていった。
 なかでもローマ教皇に雇われたスイス人傭兵は勇猛なことで知られ、恐れられた。その事実は今でもヴァチカン市国のスイス人衛兵として続いている。中世ヨーロッパの諸王間の戦争、十字軍、モンゴル軍との戦い、百年戦争やバラ戦争など封建軍隊による戦闘の主力となったのは傭兵であった。
スイス人傭兵 スイスは山岳地帯で耕地が少なく、穀物生産量が少なかったため、人口が増加するとその余剰労働力が、スイス人傭兵として、いわば出稼ぎに出る、という理由で傭兵が多くなった。スイスを構成している各邦は、外国との間で傭兵契約同盟を結び、外国が傭兵徴募を子なうことを認める見返りとして、穀物の輸入や傭兵の返金資金を得ていた。しかし、このような公的な契約以外にも、傭兵請負業者(ブローカー)による私的な傭兵契約も横行し、かれらは雇い主が異なれば、互いに敵となって戦わなければ奈良無かった。また傭兵賃金の支払いが滞れば、戦場を離れて掠奪を行うことも多く、また支払いの良い雇い主を求めて移動した。このようなスイス人傭兵との契約同盟で特に知られているのがフランス王とローマ教皇庁だった。<森田安一『物語スイスの歴史』2000 中公新書 p.88、p.130>
軍事革命 中世から近世への移行期に起こったイタリア戦争(1494~1559)は、戦争形態を転換させることとなった。中世の騎士の一騎打ちと歩兵の弓矢を主体とする戦闘形態から、鉄砲や大砲ばどの火砲で武装した兵士の集団戦へと戦闘の主体が移ったのである。そして兵士の多くが国王が給料を支払って集めた傭兵であった。このような火砲を主体とした傭兵を主体とした戦闘への変化を軍事革命といっている。
傭兵の時代 16~17世紀の絶対王政の時代は傭兵の時代であり、イタリア戦争における、1527年の神聖ローマ皇帝の派遣した傭兵によるローマの劫略などが典型であり、三十年戦争(1618~1648)における皇帝軍の傭兵隊長ヴァレンシュタインの活躍など、まさに傭兵が主力となった戦争であった。
ルイ14世 17世紀後半から18世紀にかけて、もっとも傭兵に依存した戦争を行ったのは、フランスのルイ14世だった。ルイ14世はスイスの各邦との傭兵契約同盟を結び、スイスで傭兵を徴募し、その給与を支払うと共に、年金を負担したので、その支出は莫大な物になった。188世紀の英仏植民地戦争(第2次英仏百年戦争)はヨーロッパ本土からアメリカ大陸やインドなど植民地に及んでいき、現地人インディアンを兵力として巻き込んでいくという変化が生じている。

傭兵から国民兵へ

 18世紀に絶対王政を倒す市民革命と産業資本家層という新しい階級を生み出した産業革命を経ることによって、ヨーロッパには国民国家が形成されていった。この段階になると国家間の利害の対立は領土や経済的権益をめぐってさらに激しくなり、各国も軍を戦時の時だけ編成するのではなく、常備軍を有するようになった。この国民国家の形成に伴う常備軍=国民軍への以降によって傭兵は姿を消すこととなった。
 替わって国民に国防の義務を負わせ、国民軍を編成するという体制の変化により、近代的な軍隊の時代が成立した。それに決定的な転換をもたらしたのがフランス革命での徴兵制の実施と国民兵の創設であった。その後、ナポレオン戦争の時代を経て常備軍=国民軍体制は定着した。
 近代以降の戦争においては、特に植民地戦争の際に一部「外人部隊」などの傭兵が使用されたこともあった。また、現代のアラブ世界の戦争などで傭兵の存在がみられる。<以上、『傭兵の二千年史』2002 菊池良生 講談社現代新書などによる> → 国民軍の形成(フランス)
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 ク.ポリスの変質
書籍案内

菊池良生
『傭兵の二千年史』
2002 講談社現代新書

森田安一
『物語スイスの歴史』
2000 中公新書

佐藤賢一
『傭兵ピエール』上
1999 集英社文庫

百年戦争を舞台にジャンヌ=ダルクと傭兵隊長の愛を描いた異色の小説。著者は中世フランス史の研究から出発した方で、この書はフィクションだが、傭兵の感じをつかむのには参考になる。