印刷 | 通常画面に戻る |

1848年革命

1848年、自由主義を掲げ、憲法の制定などを求めたヨーロッパの一連の革命はウィーン体制を終わらせた。しかし、新たにブルジョワジーと労働者の対立という対立も明確になった。

 1848年はヨーロッパ各地で保守反動の君主制国家に対する、自由主義ナショナリズムの反乱が連鎖反応的に起こり、一挙にウィーン体制が崩壊した。フランスの七月王政を倒した二月革命、ウィーンとベルリンにおける三月革命、さらにメッテルニヒの失脚というオーストリア帝国の動揺に乗じた、その支配を受けていた諸民族の独立運動である、イタリアのマッツィーニによるローマ共和国の建国、ミラノとヴェネティアなどイタリアでの革命、またハンガリーの独立運動など、この年に起きた一連の革命を「1848年の革命」と総称する。この年の2月にマルクスとエンゲルスの『共産党宣言』が刊行されている。

世界史上の1848年

 19世紀のほぼ中頃にあたるこの年は、世界史上の重要なことが集中して起こっている。その同時性に注目しておこう。まず1848年革命といわれる一連の二月革命三月革命によってウィーン体制が崩壊した。それをうけてオーストリアに抑圧されていた民族の独立運動が一斉に起こった。この自由主義・民族主義の高揚は「諸国民の春」と言われてた。
二月革命・三月革命 まず、フランスで二月革命がおこり、七月王政が倒れて第二共和政が成立した。続いてフランスの隣でドイツ連邦を構成していたオーストリア、プロイセンなどでも三月革命が相次いで起こる。まずオーストリア帝国の首都でのウィーン三月革命ではメッテルニヒが失脚し、ウィーン体制が崩壊し、さらにプロイセンの首都でのベルリン三月革命が勃発、国王はドイツの統一と憲法制定のためのフランクフルト国民議会開催を約束、普通選挙が行われて5月に開催された。
諸国民の春 オーストリア帝国の三月革命でウィーン体制の重しが崩れたためコシュートの指導するハンガリー民族運動が、独立を宣言した。またベーメン民族運動も燃え上がった。北部をオーストリアに支配されていたイタリアでは、マッツィーニらの青年イタリアが一時権力を握り、ローマ共和国を建国した。ポーランドでもロシアの支配からの独立運動が起こった。これらの諸国民の春といわれたヨーロッパの民族独立と統一を求める運動は、ウィーン体制を崩壊させ、歴史を大きく転換させたが、さまざまな内部対立とヨーロッパの憲兵と言われたロシアの介入で抑えつけられてしまう。
フランス第二共和政 二月革命で倒れた七月王政に代わって成立した臨時政府にはブルジョワ共和派と労働者寄りの社会主義者ルイ=ブランなどが参加していた。しかしこの両派は早くも対立を深め、四月普通選挙で勝利したブルジョワ派は国立作業場の廃止に踏みきると、労働者は六月暴動を起こした。臨時政府は軍隊の力でそれを鎮圧、社会主義者は政権から除外された。これを機に革命は後退期に入り、年末12月に行われた大統領選挙では、ナポレオンの甥で、偉大なフランスの結節を訴えたルイ=ナポレオンが当選した。
イギリスの諸改革 一方、同じ時期のイギリスでは議会政治の発展の中で労働者の選挙権要求であるチャーティスト運動の最後の高揚を見せ、一方では1846年に穀物法廃止、49年の航海法廃止などによって自由貿易主義が勝利を占めている。
『共産党宣言』 ヨーロッパにおける1848年革命は、ウィーン反動期から資本主義の全盛期としての19世紀後半への転換点となったが、同時にヨーロッパ社会の新たな対立軸は、従来の絶対君主対市民ではなく、資本家階級と労働者階級という階級対立に移ったことを示している。同年に発表されたマルクスとエンゲルスの『共産党宣言』は正にその転換点を示す記念碑的述作であった。
アメリカでの金鉱発見 1848年はアメリカ合衆国においても重要な年であった。まずアメリカ=メキシコ戦争(米墨戦争)の結果、グワダルペ=イダルゴ条約が締結され、カリフォルニアとニューメキシコを獲得した。アメリカが獲得した新領土、カリフォルニア金鉱が発見され、それを契機として大規模な西部への人口移動であるゴールド=ラッシュが起こった。これは大西洋岸から太平洋岸に及ぶ北米大陸に巨大国家アメリカ合衆国が誕生したことを意味している。
植民地の拡大 同時に世界全体ではヨーロッパ資本主義諸国によるアジア、ラテンアメリカ諸地域への植民地支配の本格化とそれへの抵抗の始まりというテーマに移行していく。アジアではイランでバーブ教徒の反乱が起こっている。その前後に1840年のアヘン戦争、50年代の太平天国の乱アロー戦争、1857年のインド大反乱が起こったことを想起しよう。

革命の後退と19世紀後半の展望

 フランスで六月暴動が起こると、革命が社会主義の方向に向かうのを恐れた臨時政府は軍隊の力でそれを鎮圧された。これを機に、ヨーロッパの革命は後退期に入り、48年10月から49年6月までの間にプロイセンやオーストリアでも君主制が復活し、共和派など革命派は厳しく弾圧されることとなり、同時に国民国家の形成も遅れることとなった。
 フランスにおいても第二共和政はルイ=ナポレオンによって形骸化され、1852年にはナポレオン3世の第二帝政に移行する。またドイツにおいては、プロイセンによる統一が急速に進みビスマルク時代を迎え、一方のオーストリア帝国は多民族国家としての苦悩を深めていく。ウィーン体制から次第に距離を置くようになっていたイギリスは、一人、産業革命後の工業化にひた走り、海外植民地を拡大して繁栄を道を歩んでいく。そしてアメリカ合衆国は間もなく南北戦争の危機を克服し、大国への歩みを開始する。東ヨーロッパではロシアが大国化し、バルカン半島やアジアでの南下政策を強め、新たな脅威となり始めた。19世紀後半の欧米は、このような大国(列強)が競い合う時代となっていく。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章1節 オ.1848年革命