印刷 | 通常画面に戻る |

カンボジア保護国化

1863年、フランス=カンボジア保護条約を締結、フランスの保護国となる。

 クメール人の国家カンボジアは6世紀以降、真臘と言われており、9世紀から15世紀にはアンコール朝が繁栄し、インドシナ半島中部のメコン中流から下流を支配していた。しかし西のシャム(タイ)と東のベトナムに挟まれ、次第に衰退してきた。

フランスの進出

 19世紀にはイギリスの支援を受けたタイがカンボジアに侵出し、王位継承に介入していた。フランスのナポレオン3世は1862年にサイゴン条約でベトナムのコーチシナ東部を割譲させ、さらにカンボジアへの進出を狙って国王ノロドムに接触、1863年にフランス=カンボジア保護条約を締結して保護国とした。タイ(とその背後のイギリス)はなおも介入しようとしたが、65年、フランスはタイにカンボジアの一部の領有権を割譲した上で、カンボジアを保護国とすることを認めさせた。さらに1884年、フランスはノロドム国王に迫って、フランスが司法・財政(租税、関税の収益を含め)を管理することを認めさせ、保護国化を完成させた。1887年にはフランス領インドシナ連邦が成立し、カンボジアもそれを構成する一邦として、ハノイのフランス総督の統治を受けることとなる。
 → カンボジア
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章2節 ウ.東南アジアの植民地化