印刷 | 通常画面に戻る |

ボーリング条約

1855年のイギリスとタイの間で締結された通商条約。タイにとって不利な不平等条約であった。

タイ(当時はシャム)のラタナコーシン朝ラーマ4世が、1855年にイギリスと結んだ通商条約。ボーリングはイギリスの特使、ジョン=ボーリング Bowring 。イギリスはこの前年に日英和親条約を締結している。この条約では自由貿易の原則、低関税(一律3%)、領事館の設置と治外法権の承認などが定められており、日本と同じ不平等条約であった。タイは同様の条約をアメリカ、フランス、オランダなどの西欧諸国と締結していく。この条約によってそれまで宮廷が独占していた貿易を一般の商人に開放したので、王室や貴族にとっては大きな減収となるがラーマ4世はそれを断行した。

タイの条約改正

:ボーリング条約をはじめとするタイが諸外国と結んだ通商条約は、1858年に日本がアメリカなどの諸国と結んだ日米修好通商条約と同様の不平等条約であり、特に領事裁判権は中国人などが英仏の領事館の保護民となって多数流入し、不法を働き、治安が悪化するという問題が生じていた。明治の日本と同じく、近代タイ国も条約改正は悲願となり、繰り返し交渉を試みた。タイは条約改正の見返りとして英仏に領土をそれぞれ割譲せざるを得なくなり、フランスに対してはラオス、カンボジアに隣接する領土、イギリスに対してはマレー半島のタイ領をそれぞれ割譲し、そとのため、タイの最盛期の領土の約半分を失った。それが現在のタイの領土である。そして条約改正が完了するのは締結から85年もたった1940年であった。<『タイの事典』同朋舎 p.158>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章2節 ウ.東南アジアの植民地化