印刷 | 通常画面に戻る |

メコン川

インドシナの主な川

インドシナ半島を貫流する、東南アジア最大の河川。ベトナム南部に広大な三角州を形成している。

 チベット高原の奥地の源流から発し、中国の雲南地方からインドシナ半島に入り、上流はミャンマーとラオスの国境となり、さらにほぼラオスとタイの国境を流れ、下流ではカンボジアを貫流してベトナムに入り、河口に広大なメコン=デルタを作っている。インドシナ半島最大の河川。ラオスのビエンチャン、カンボジアのプノンペン、ベトナムのホー=チ=ミン市(旧サイゴン)はいずれもメコン川流域にある。

出題

2011年 龍谷大 第2問 問1 メコン川の位置として正しいものを,右の図の中から一つ選びなさい。

解答


印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
2章2節 ア.東南アジアの風土と人びと