印刷 | 通常画面に戻る |

左宗棠

清朝に仕えた漢人官僚で、湘軍で活躍し、洋務運動を進め、イリ事件の平定に当たった。

 左宗棠(さ・そうとう、1812~1885)は、清朝に使える漢人の軍人として曽国藩の創設した湘軍に加わり、太平天国の乱の鎮定に活躍。その功績で閩(びん)浙総督となった。
 1860年代の同治の中興の時期に興った、洋務運動を推進した李鴻章と並ぶ洋務派の中心人物の一人。1866年に太平天国鎮圧に加わったフランス人ジケルらの協力を得て、福州船政局(造船所)を建設して軍艦の建造にあたった。これは李鴻章の設けた工場と共に、洋務運動を代表する四大工場の一つとして、近代兵器の生産を担った。

イリ事件

 1866年より、陝甘総督となり、ウイグル人イスラーム教徒が1871年に反乱を起こし、ロシアが介入して侵入したイリ事件が起きるとその平定にあたり、1876年までに新疆を平定して領土を回復した。
印 刷
印刷画面へ