印刷 | 通常画面に戻る |

総理各国事務衙門

1861年、清朝ではじめて、外交を管掌する官庁として発足した。

 衙門(がもん)とは役所のこと。中華思想に立つ中国の歴代王朝では、外国は一段劣る夷狄や野蛮なものと考えられていたので、主権国家間で対等に交渉する「外交」という観念がなかった。貿易もあくまで皇帝に対する朝貢とそれに対する恩恵として行われるという建前であった。ところが、アロー戦争の結果として、1860年に天津条約が批准され、外国公使が北京に駐在することとなり、それに対応する官庁を設ける必要が出てきた。そのために翌年設けられたのが、総理各国事務衙門である。略称は総理衙門、または総署、訳署ともいわれた。
 初代の首班は恭親王とし、総理衙門大臣として軍機大臣とその他の中央官庁高官が任命され、合議制で業務に当たった。次第に外交事務以外にも管掌する範囲が広がり、海関(関税事務)、海軍事務を統括し、電信、鉄道、鉱山なども管掌する大きな権力を持つようになった。  しかし、帝国主義列強の外交圧力が高まる中、総理衙門は充分が対応ができす、1884年の清仏戦争、1894年の日清戦争という外交上の不手際が続いた。さらに1898年には列強による中国分割が行われ、反発した民衆の中から起こった義和団事件で北京の外国公使館が襲撃されるという事態を招いた。その結果清朝政府機構の改編の声も強まり、翌1901年締結された北京議定書(辛丑和約)で、総理衙門は外務部と改称された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章3節 ウ.国内動乱と近代化の始動