印刷 | 通常画面に戻る |

スタンリー

19世紀後半のアフリカ、特にコンゴ探検で知られるアメリカ人。

イギリス生まれでアメリカの新聞の特派員としてアフリカに派遣され、1871年リヴィングストンを救出して有名になる。1873年にアフリカに戻り、タンガニーカ湖やヴィクトリア湖周辺を探検、1877年にはヨーロッパ人として初めてコンゴ川の河口まで下ることに成功した。1878~84年はベルギーのレオポルド2世に派遣されて再びコンゴ地方を探検。王の代理として首長たちと貿易独占条約を締結し、ベルギー領コンゴの植民地化を進めた。1987~88年はスーダンを探検した。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章2節 ア.アフリカの植民地化