印刷 | 通常画面に戻る |

フォード

アメリカの「自動車王」。1909年、T型フォードの大量生産を開始。1913年にベルトコンベア=システムを導入して低価格化に成功して、自動車の大衆化を実現した。。

T型フォード
T型フォード
 アメリカ合衆国の1920年代の経済繁栄を代表する自動車製造会社フォード社を創設した人物。ヘンリー・フォード(1863~1947)はミシガンの農民出身で出稼ぎに出て、エジソンの電灯会社で働いた後、1896年にガソリン-エンジンで走る自動車の試作に成功、1903年にフォード自動車会社を設立した。分業によって部品を生産し、車体を移動させて組み立てる方式によって大量生産を開始、1909年にはT型フォードが爆発的な売り上げをみた。需要に追いつく生産を実現するため、フォードは1913年にベルトコンベア=システムを導入、始めはエンジン組み立てラインだけであったが、車体組み立てにも応用することに成功し、自動車生産は短時間で大量に生産が可能となり、価格を低下させ、一気に大衆化した。ベルトコンベア=システムはフレデリック=テイラーによって理論づけられて、合理的な流れ作業による生産性を向上は「テイラー・システム」、あるいは「フォーディズム」と言われるようになった。このようにフォード自動車が他に先駆けて導入したベルトコンベアによって大量生産が可能となった自動車は、1920年代に急速に大衆化してアメリカ社会を一変させ、さらに世界に広がっていった。

自動車の大衆化に成功

 そのフォードTモデルは1925年には285ドルまで価格を下げることが出来、平均年収1200ドルの労働者や、2000ドルのホワイトカラーが買える値段となった。彼はまた購買力を高めるためには労働者の賃金を上げる必要があると考え、賃金を世界最高水準に引き上げた。この自動車産業の成功は1920年代のアメリカ経済に大きな刺激となり、関連する道路の建設、鉄鋼・ガラス・ゴム石油などの製造業、さらにガソリンスタンド・モーテル・レストランなどのサービス産業を呼び起こし、郊外への住宅の拡大をもたらした。<有賀夏紀『アメリカの20世紀』上 中公新書などによる>

世界恐慌とフォード

 フォードは利潤分配制、8時間労働制、最低賃金制などを導入し、現代の労働慣行のスタンダードを作り上げたこと、またいち早く労務管理と生産管理を厳格に行う産業合理化運動を提唱し、アメリカの労働者の生活水準を引き上げたことで革新的な経営者であった。その手法はフォーディズムとも言われ、資本主義の新しいあり方と評価された。1929年の世界恐慌が起こると、フランクリン=ローズヴェルト大統領のニューディールをささえる国内購買力の維持をささえていたが、次第にその独裁的な経営は保守的性格を強め、労働組合を敵視し、全国産業復興法(NIRA)には反対するようになった。
 しかし、「自動車王」と呼ばれ、エジソンと並ぶアメリカのヒーローとしての名声は、1947年の死去まで衰えなかった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章2節 カ.アメリカ合衆国の繁栄
書籍案内

有賀夏紀
『アメリカの20世紀』上
 中公新書