印刷 | 通常画面に戻る |

八路軍

第2次国共合作によって紅軍が国民革命軍に組み込まれて編制された軍。

1937年の第二次国共合作によって、中国共産党軍である紅軍の約3万は、国民党の国民革命軍に組み込まれることとなった(8月22日)。これが正式名称「国民革命軍第八路軍(後に第十八集団軍)」、通称を八路軍といい、以後抗日戦の主力を担っていく。総指揮は紅軍以来の朱徳があたった。
 また10月には、ゲリラ戦を展開していた紅軍約1万が新四軍(しんよんぐん)として国民革命軍に改編された。
 日中戦争が展開されるなか、八路軍・新四軍は華中・華南で解放区を建設し、民衆をゲリラ戦に組織、日本軍にとって強敵となった。日本軍に頑強に抵抗する八路軍・新四軍は民衆の支持を受け、40年頃には、八路軍40万、新四軍10万の兵力に増強された。これらの共産党勢力が拡大すると、蔣介石・国民党は警戒心を強め、41年1月には国民革命軍が新四軍を攻撃し、壊滅させるという事実上の内戦(皖南事変)が起こった。しかし、共産党は国民党の挑発に乗らず国共合作は維持され、むしろ抗日戦の主役として主導権を握っていく。八路軍は、日中戦争の後の国共内戦が始まると、「人民解放軍」と改称する。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章4節 ウ.満州事変・日中戦争と中国の抵抗