印刷 | 通常画面に戻る |

人民解放軍

中国共産党の紅軍を継承した中国の正規軍。日中戦争後の国共内戦で国民革命軍と戦い、勝利に導いた。

 中国共産党の軍組織は、かつては紅軍、国共合作期には八路軍・新四軍などといわれた、中国共産党の日中戦争後の国共内戦期以降の軍隊。国共内戦では当初は国民党配下の国民革命軍が優勢で、共産党は根拠地延安も奪われる状況であったが、その間共産党軍は反撃の態勢作りを行い、1947年3月24日、中国人民解放軍と改称し、西北・中原・華東・東北の4地区に野戦軍を編成した。一斉に反攻に転じた人民解放軍は、最初の1年間だけで兵力を280万に増強した。以後、1949年末までに中国本土を人民解放軍が制圧し、中華人民共和国の建国を実現した。人民解放軍の指揮官から中央政界で活躍した人物も多く、彭徳懐・鄧小平林彪・羅瑞卿などである。<平松茂雄『中国人民解放軍』1987 岩波新書>