印刷 | 通常画面に戻る |

国共内戦(第2次)

日中戦争終結後の中国で1946年6月に始まった国民党と共産党の内戦。最終的には共産党が勝利し、1949年10月、中華人民共和国が成立して終わり、国民党政府は台湾に逃れた。

 日中戦争に勝利した後の中国において、1946年6月から49年12月まで続いた、中国共産党(人民解放軍)と中国国民党(国民革命軍)の内戦。1927年の国共分裂から続いた最初の国共内戦(第1次)は、抗日戦争のために1937年に第2次国共合作が成立して停止されたが、その後も多くの国共両軍事衝突が発生していた。こちらを第2次国共内戦とするが、一般に国共内戦と言われるのはこの1946~49年の内戦を言う場合が多い

日本降伏後の情勢

 1945年の日本軍降伏後も、両軍は一触即発であったが、とりあえず軍事解決を棚上げして、8月末に蔣介石毛沢東による重慶会談を開催し、ようやく10月に「双十協定」を締結して、「政治協商会議」を開催して統一の道筋を探ることとなった。

マーシャル特使の調停

 1946年1月、国共両党および他の党派の代表が集まり、政治協商会議が開催され、統一政府の設立では合意が成立したがそれぞれの軍事力の統合では利害の対立が明確になった。共産党はその支配下の解放区で、「減租減息」(小作料と利息の減額)を実施して民衆の支持を広げていった。アメリカも国共内戦の勃発を恐れ、マーシャル特使を派遣して斡旋を試みた。しかし最終的な合意に至らず、ガラス細工のような国共協調路線も、ついに破綻を迎え、1946年6月26日、本格的な国共内戦が再び勃発した。

内戦の経緯

 当初は国民党が圧倒的に優位で(兵力は国民党430万、共産党120万、支配地域の人口は国民党約3億3千9百万、共産党約1億3千6百万)、おおむね共産党から見れば一対三であり、状況は厳しかった。47年6月には共産党の拠点延安も陥落した。しかし、共産党はソ連が支配している東北地方に勢力を移して反抗の準備を強化した。こうして48年9月から有名な、遼瀋戦役(9~11月)、淮海戦役(11月~49年1月)、平津戦役(北京と天津の攻防戦、11月~49年1月)の三大戦役で人民解放軍が勝利し、49年1月31日、国民党の北京守備隊は自らの判断で降伏、共産党人民解放軍が無血入城した。さらに人民解放軍は、国民政府の首都南京に4月24日に入城、国民党首脳は広州、さらに重慶に逃れて抵抗したが、12月までにほぼ国民党軍を降伏させた。

共産党の勝利

 この間、毛沢東は49年10月1日、北京で中華人民共和国の樹立を宣言、国民政府要人は台湾に逃れ、蔣介石は50年3月1日台北で総統に復帰し中華民国を存続させた。<小島晋治・丸山松幸『中国近現代史』岩波新書、横山宏章『中華民国』中公新書 p.286-291 などによる> 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章1節 ウ.東アジア・東南アジアの解放と分断