印刷 | 通常画面に戻る |

1932年選挙(ドイツ)

1932年7月、ドイツの総選挙で、ヒトラーの率いるナチ党が国会議席の第一党となった。

ナチ党の議会進出

 ドイツ共和国(通称ヴァイマル共和国)の国会における国民(国家)社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の議席数は、1928年には12(399議席中。第一党は社会民主党で153)であったが、世界恐慌の最中の1930年選挙で、一挙に107に増大した(第一党はまだ社会民主党で143)。そして1932年7月の選挙で、230議席を占めついに第一党となった(第2党の社会民主党は133)。同年11月選挙では196に減ったが、第一党は維持した。その結果、1933年1月、ヒンデンブルクは、ナチ党党首のヒトラーを首相に任命し、ここにヒトラー内閣が成立することとなった。
  政権獲得後の1933年3月の選挙では、288議席(得票率43.9%。社会民主党は120、共産党は81、他に中央党74、国家国民党52など)になった。<数字は山本英行『ナチズムの時代』1998 世界史リブレット49 山川出版社 p.21>

ヒトラー選挙の成功

 なぜナチ党は1930年代に議席数を急増させたか。ナチ党は1920年代までは、ユダヤ人攻撃(ユダヤ人は世界陰謀を企み、資本家や労働運動をあやつっている、そのねらいは共産主義革命だ、などといった根拠のない宣伝)の比重が大きく、その支持基盤は「プロテスタントの農民、手工業者、サラリーマンなど」の中間階級に限られていた。しかし、1930年代の得票率の急増はそれだけでは説明がつかない。ポスターの変化で見ると、ユダヤ人攻撃は影を潜め、もっぱらヒトラーとナチ党による強力な指導力によって国家の危急を救えるという宣伝「我らが最後の望み、ヒトラー」などが前面に出てくる。これが議会政治のまどろこっさや、党利党略に明け暮れる従来の政党政治に対するいだらちといった大衆の気分に受け入れられたのではないだろうか。現代の日本でも聞かれる「決められる政治へ!」といった呼びかけに危うさを感じるのはこのことがあるからである。1930年代の世界恐慌後の社会不安とそれを解決できなかい議会政治への不満が、革命の恐怖の反動と共に、中間階級を超えた幅広い国民の支持がナチ党に集まった背景であった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章4節 エ.ナチス=ドイツとヴェルサイユ体制の破壊
書籍案内

山本英行
『ナチズムの時代』
世界史リブレット49
1998 山川出版社