印刷 | 通常画面に戻る |

ユダヤ人排斥/絶滅政策

ヒトラーのナチス=ドイツによるユダヤ人に対する排斥は、さらに絶滅政策に転化し、約600万人が犠牲となった。

 ヒトラーが青年時代を送った、オーストリア=ハンガリー帝国の都ウィーンは、多民族都市であり、その中で支配的立場にあったドイツ人は、ハンガリー人やチェコ人の民族運動に脅かされ、その反動でドイツ人の民族的優位を強調する民族主義が強まっていた。また、中世以来続く反ユダヤ主義も根強く、民衆の中に風潮として広がっていた。

ヒトラーのユダヤ人攻撃

 ヒトラーもその影響を強く受け、ゲルマン民族などのアーリア人種は、人類の中で最も優れた人種であり、それに反してユダヤ人は最も劣る人種であるという主張を繰り返した。ユダヤ人によってアーリア人種の純血が汚されることを恐れる、という宣伝を積極的に進め、第一次世界大戦中に始まったロシア革命を指導したボリシェヴィキはユダヤ人が多かったと宣伝して、資本家や中間層の恐怖をあおると当時に、大衆にはユダヤ国際資本が世界を征服しようとしているという「ユダヤ人陰謀説」をまことしやかに広めていった。
 ヒトラーの人種論は、何ら科学的な根拠はなく、またユダヤ人は人種ではなく民族的概念(ユダヤ教を信仰するという文化的共通性を持った人間集団)であることを見誤った主張であった。しかし、ユダヤ資本の支配に反発する民衆の心理を巧みに捉え、ナチス台頭を許す要因となった。

ナチスの人種政策

 ドイツ民族の優越を説くヒトラー・ナチスの思想は、「民族共同体」から夾雑物としてユダヤ人を排除するユダヤ人排斥・絶滅政策を推し進めた。1935年の国会で成立したニュルンベルク法によって公民権を奪い、ドイツ人との婚姻(さらに性交そのものをも)禁止し、「ドイツ人の血」を守ろうとした。このような立法措置の一方、38年11月の「水晶の夜」を頂点とする迫害が続いた。1941年以降は占領地のユダヤ人を強制収容所に収容して大量殺戮をするというホロコーストを展開した。このような迫害によって多くのユダヤ人が亡命を余儀なくされ、約50万人いたドイツのユダヤ人のうち、第2次世界大戦勃発前に36万が亡命している。<芝健介『ホロコースト ナチスによるユダヤ人大量殺戮の全貌』2008 中公新書>

ユダヤ人の大量殺害/ホロコースト

ヒトラーのナチス=ドイツは、1942年1月、ヴァンゼー会議でユダヤ人絶滅方針を決定した。強制収容所がアウシュヴィッツなどに作られ、約600万近いユダヤ人が犠牲となった。

(引用)すでに開始されていたユダヤ人の絶滅作業を全ヨーロッパ規模で組織化、行政化するための会議は、1941年12月9日に開催される予定であったが、おそらくその前日に日本が真珠湾攻撃を行い、太平洋戦争に突入、ヒトラーも11日に対米宣戦を布告せざるをなったために延期され、翌年1月20日にベルリンのヴァンゼーで開催された。ナチ保安部長官ハイドリッヒが各省庁の代表者を召集し、演説した。其の議事録によると、ハイドリッヒは、ヒトラーの指示、認可によって強制輸送を西から東に始めたことを明言し、そのヨーロッパ・ユダヤ人の《最終解決》の対象は1千万人のユダヤ教徒ユダヤ人のみであり、ニュールンベルク法によりユダヤ人と規定される者は含まれないと述べている。東方に送られたユダヤ人は男女別に労働可能な者は道路工事などで使役し、そこで生き残った者は生存能力が高いので、それに対応する処置がとられること、ヨーロッパ各地からのユダヤ人の輸送には外務省が保安部とともに組織化にあたること、ユダヤ人混血者が強制輸送を免れるためには、不妊手術が義務づけられること、などが述べられた。会議参加者のアイヒマンの証言によれば、この会議で殺害の方法として毒ガス、チクロンBが使用されることとなった。<大澤武男『ヒトラーとユダヤ人』講談社現代新書 P.205-514>

ホロコースト

 ナチス・ドイツによるユダヤ人大量殺戮をホロコーストという。この言葉は、もとはユダヤ教神殿に捧げられる羊などの供物のことで、1978年にアメリカで放映されたナチスのユダヤ人迫害を描いたTVドラマの題名とされて広まった。ヒトラー・ナチスのユダヤ人政策は、1935年のニュルンベルク法制定から本格化し、はじめは公民権剥奪、国外追放という手段がとられたが、大戦開戦後はドイツの占領地域のユダヤ人に適用され、一時はヨーロッパのユダヤ人のマダガスカルへの強制移住が計画された。そして42年の1月にヴァンゼーで開催されたナチス首脳会議において、「最終的解決」がはかられることとなり、アウシュヴィッツなどの強制収容所でのガス室などによる大量殺戮が決定された。戦争が終わるまでに、ゲットーや各地の強制収容所で餓死、射殺、ガス殺その他の手段で殺されたユダヤ人の数は、560万から590万に上る。ユダヤ人以外にも、ドイツ人も含む精神障害者7万人の安楽死や、ロマ(ジプシー)約50万人が殺されている。<芝健介『ホロコースト ナチスによるユダヤ人大量殺戮の全貌』2008 中公新書>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章4節 エ.ナチス=ドイツとヴェルサイユ体制の破壊
第15章5節 ウ.独ソ戦と太平洋戦争
書籍案内

芝健介
『ホロコースト ナチスによるユダヤ人大量殺戮の全貌』
2008 中公新書

大澤武男
『ヒトラーとユダヤ人』
講談社現代新書