印刷 | 通常画面に戻る |

国会議事堂放火事件

1933年2月27日夜、ベルリンの国会議事堂が炎上、ヒトラー内閣はそれを共産党員の放火と断定し、共産党弾圧の口実とした。

 ドイツ共和国において、1933年に成立したナチ党のヒトラー内閣が国会議事堂の放火炎上をドイツ共産党の犯行と断定し、同党を解散させた事件。ナチスの政権確立の陰謀事件と考えられており、これによってヒトラーは独裁的な権力を獲得した。
 1933年1月に内閣を発足させたヒトラーは、国民に信を問うという形で国会を解散、その国会議員選挙が3月5日を投票日とした。その選挙期間の最中の2月27日夜、ベルリンのドイツ帝国議事堂が炎上した。ヒトラー内閣はこれを共産党の一斉蜂起の合図であるとみなし、翌日ヒンデンブルク大統領は、ヒトラーに強要される形で「民族と国家を防衛するための大統領緊急令」を公布した。これによってヴァイマル憲法で定められた基本的人権は停止された。放火犯人としてブルガリア共産党のディミトロフ(戦後のブルガリア首相)などが逮捕されたが、10月の裁判ではディミトロフは無罪となり、元オランダ共産党ファン=デア=ルッベの単独犯行と断定された。これによって共産党は解散させられ地下活動に入らざるを得なくなった。
 国会議事堂放火事件を口実に共産党の活動を押さえ込むことに成功したヒトラー政権は、さらにドイツ社会民主党議員に対しても種々の口実を設けて議会から追放した上で、徹底的な弾圧下に置き、翌月、全権委任法を強引に成立させ、独裁政権を「合法的」な装いのもとに成立させた。

民族と国家を防衛するための大統領緊急令

 国会議事堂放火事件の翌日、ヒトラー内閣は、それを共産党のしわざと断定し、「共産主義者による国家を脅かす暴力行為を防止する」ことを名目に、上記の大統領緊急令を発した。この緊急令によって、ヴァイマル憲法に定める基本的人権は当分の間、停止されることとなり、悪名高い保護検束制度が導入されることになった。秘密国家警察(ゲシュタポ)は、国家の敵とされた者を、具体的な犯罪行為がなくとも強制収容所におくることができるようになった。この緊急令は、その後も廃止されることなく存続し、対象も共産主義者以外に拡大され、1933年10月までに約10万人が保護検束され、そのうち500~600人が殺害されたと言われている。

国会議事堂炎上現場でのヒトラー

 1933年2月27日に起こったベルリンのドイツ国会議事堂炎上の現場にすぐに駆けつけたヒトラーがどんなことをいったかを、その場にいた新聞『デイリー・エクスプレス』の特派員が翌日の紙面で伝えている。
(引用)「これは、神のお導きである。私が信じるように、この火災が共産主義者の仕業であることが判明したあかつきには、恐ろしい殺人鬼を情け容赦なく鉄拳で叩き潰す障害となるものは、何一つ残されていない」
 ナチス・ドイツのアドルフ・ヒトラー首相が今夜、まだ延焼中の国会議事堂のホールでおこなったこの劇的な発言の場に、私は居合わせた。
 火災は、国会議事堂の議場で午後9時45分に発生した。
 火は五ヶ所で起こっており、放火であることは疑いの余地がない。
 放火犯の一人で30歳の男が、建物から走り出してきたところを警察に逮捕された。今夜のベルリンは凍えるような寒さだというのに、男はシャツもコートも着ておらず、身につけていたのは靴とズボンだけだった。
 火災が発生した五分後、私は国会議事堂の近くまで駆けつけ、炎が壁を走り、巨大なドームを火が包み込んでいくようすを見守っていた。
 建物の周囲には非常線が張られ、いっさいの人の出入りが禁じられた。
 20分ほど燃え上がる建物に目を奪われていると、有名な黒塗りのアドルフ・ヒトラーの専用車が、ボディガードを乗せたもう一台の車を従えて、すぐそばを通り過ぎていくのが目に入った。
 私はその車を追って走り、国会議事堂に入るヒトラー一行にかろうじて紛れ込むことができた。
 ヒトラーは、決意を秘めたようなきびしい顔をしている。そのような険しい表情のヒトラーを、わたしはこれまで見たことがなかった。ふだんから出目気味の彼の目が、顔から飛び出しそうに見えた。
 内務大臣で警察機構の総元締めでもあり、ヒトラーの右腕と言われるゲーリング大尉(のち空軍最高司令官、国家上位元帥)が、ロビーで一行に合流した。彼は顔を真っ赤にして、興奮ぎみに次のように語った。
「犯人は共産主義者どもに間違いありません、首相閣下。火災が発生する20分前に、何人もの共産主義者がこの建物のなかにいたことが確認されております。私どもの手で、放火犯の一人を逮捕しました」
(中略)
 ヒトラーは片手を突き出して、冒頭に引いた共産主義者に対する脅し文句を発した。(下略)
<ジョン・ケアリー編・仙名紀訳『歴史の目撃者』1997 朝日新聞社 p.317-321>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章4節 エ.ナチス=ドイツとヴェルサイユ体制の破壊
書籍案内

山本英行
『ナチズムの時代』
世界史リブレット49
1998 山川出版社

ジョン・ケアリー編
/仙名紀訳
『歴史の目撃者』
1997 朝日新聞社