印刷 | 通常画面に戻る |

バドリオ内閣

1943年7月、イタリアでムッソリーニ政権を倒して成立。ドイツに宣戦布告したがローマを放棄して国民の信頼を裏切る。44年6月、連合軍がローマを解放したときに総辞職。

 1943年7月、連合軍のシチリア島上陸を機に、イタリア国王と軍はムッソリーニを幽閉し、バドリオを首班とする内閣を成立させた。9月、バドリオ内閣は無条件降伏を受けいれ(イタリアの降伏)、連合国との休戦協定を締結し、一方でドイツに対して宣戦を布告した。ドイツ軍はただちにイタリア軍の武装解除に乗りだし、ローマを占領、国王とバドリオ政権はローマを脱出した。イタリアはドイツ軍の占領に対するパルチザンによるゲリラ的抵抗を続ける内、10月には連合軍(主体はアメリカ軍)がナポリに上陸、北部のドイツ軍を次第に圧迫していった。44年6月、連合軍がローマをドイツ軍から解放すると、ファシズムと戦ったレジスタンスの指導者が一堂に会し、バドリオ内閣に総辞職を迫り、事実上のクーデタの結果、ポノーミを首班とする新たな連立内閣が成立した。
 ピエトロ=バドリオ(1871~1956、パドリョとも表記)は軍人としてイタリア=トルコ戦争と第一次世界大戦で活躍し、3度、イタリア軍参謀総長を務めた。1926年には元帥としてエチオピア遠征軍を指揮した。ムッソリーニ政権下のイタリアで、1940年に総司令官となり第二次世界大戦の指導に当たったが、ムッソリーニと対立し辞任した。第二次世界大戦の敗戦が明確になる中、43年7月、バドリオは戦争を終結させるべくクーデタを断行してムッソリーニを失脚させて、内閣首班に推された。しかし、バドリオ内閣はドイツ軍がローマを占領すると国王とともに脱出して国民の支持を失い、44年6月に辞職に追いこまれた。

印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章5節 エ.ファシズム諸国の敗北