印刷 | 通常画面に戻る |

イラン=クーデター

1953年、アメリカCIAが支援したイラン軍部によるモサデグ政権を倒したクーデター。

 1953年、パフレヴィー朝イラン石油国有化を断行したモサデグ政権を倒した軍部クーデター。これによっていったん実権を失い海外に亡命していたパフレヴィー2世が帰国、パフレヴィー朝を復活させ、イランの石油国有化を中心とする民族主義政策は挫折した。このクーデターはイギリスの石油資本(アングロ=イラニアン石油会社)とアメリカのCIA(中央情報局)が仕組んだものとされている。これ以後は石油市場を安定させるため七大石油会社の合弁会社がパフレヴィー2世と協定を結びイランの石油生産を支配することとなった。

イラン=クーデターの黒幕CIA

 アメリカはモサデグ政権まではイランの石油資源に対して権益を有していなかった。1953年のモサデグ政権を転覆させるクーデターは、アメリカのイラン進出の好機であり、事実その黒幕となったのがアメリカの諜報機関CIAだった。アメリカの国務長官ジョン=フォスター=ダレスは、弟のCIA長官アレン=ダレスとともにクーデター計画を練り、駐イラン大使に実行させた。CIAの資金でテヘランの貧民層を買収して暴動を起こさせたのである。アメリカはクーデター成功によってイギリスからイランの石油資源の40%を得ることを約束されていたという。後になってイランでのアメリカ外交政策への反発が強くなり、1979年のイラン革命ではアメリカ大使館占拠事件が起こった。イラン革命の指導者ホメイニはアメリカを「大悪魔」と呼び、アメリカ大統領ブッシュはイランを「悪の枢軸」の一員と呼んで憎悪し合う。この遠因の一つは1953年のアメリカの介入によるクーデターにある。<宮田律『物語イランの歴史』2002 中公新書>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章1節 エ.南アジア・アラブ世界の自立
書籍案内

宮田律
『物語イランの歴史』
2002  中公新書