印刷 | 通常画面に戻る |

イラン革命

1979年、シーア派宗教指導者ホメイニも率いられたイスラーム原理主義勢力にがイランのパフレヴィー朝を倒し、政権を奪取、イスラーム教国家を出現させた変革。

 1979年、パフレヴィー朝が倒れ、イラン=イスラーム共和国が成立した革命。パフレヴィー朝はアメリカ資本と結んで石油資源の開発などを進め、その利益を独占する開発独裁の体制を続けていた。皇帝パフレヴィー2世の強行した「白色革命」以来、政治、文化、日常生活などあらゆる面で西欧化を進めていたが、国民生活は向上せず、対米従属の度合いを増していた。

ホメイニの登場

 それに対して16世紀以来のイランの国教であったイスラーム教のイランのシーア派(十二イマーム派)の信仰に立ち返ることを求める民衆の反発が強まった。皇帝政治を批判して国外追放になったシーア派最高指導者のホメイニ師は国外から反政府活動を指導し、活発に活動した。
 1978年、ホメイニを誹謗する記事が新聞に掲載されると、それを政府の陰謀であるとして暴動が起こり、聖職者に指導された学生や労働者、農民、市民が王制打倒を叫び始め、収拾をつけられなくなったパフレヴィー2世は1979年1月イランを離れ、皇帝政治が倒された。代わって亡命先のパリから戻ったホメイニが2月11日、政権を掌握した。ホメイニは、シーア派の十二イマーム派の教義に忠実な「ファギーフ(イスラーム法学者)」による統治を掲げ、それまでのアメリカ文化の模倣を否定して厳格なイスラームの日常生活の規範を復活させた。裁判ではシャリーア(イスラーム法)が適用され、映画や文学、絵画もイスラームの教えに沿ったもののみが許され、女性には外出時のヘジャーブ(頭髪と肌の露出をさける衣服)の着用が義務づけられるなど、宗教色の強い、イスラーム原理主義を理念とした政治が展開されることとなった。
 1979年11月にはイラン人によるテヘランのアメリカ大使館占拠事件が起き、81年1月まで占拠が続いた。

イラン=イスラーム共和国の建国

 革命政権は1979年から国号をイラン=イスラーム共和国と改め、イスラーム教シーア派の聖職者の指導する国家として出発し、さらにメジャーズ(国際石油資本)が革命の混乱を避けて撤退したのを受けて、石油国有化に踏み切り、資源保護の立場から石油輸出を制限する措置を打ち出した。そのため石油の国際価格が急上昇し、第2次石油危機をもたらすことになった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第17章3節 イ.アラブ世界の分裂とその影響