印刷 | 通常画面に戻る |

朝鮮休戦協定

1853年7月、南北朝鮮、アメリカ・中国が朝鮮戦争の休戦で合意し調印した。あくまで「休戦」であり、朝鮮戦争は終結していない。

 1953年7月27日、板門店で調印された朝鮮戦争の休戦協定。南北朝鮮代表、アメリカ・中国代表の4者によって調印された。1950年に始まった戦争は4年めで休戦ととなったが、国際法上は現在も戦争状態が継続している。
 1953年3月ソ連のスターリンの死去に際し、ソ連指導部はスターリンの葬儀に出席していた周恩来と協議して、休戦の方針を固め休戦協定に調印することとなった。完全な和平に向けての交渉は1954年、ジュネーヴ会議でインドシナ戦争の和平会談と平行して行われたが、北朝鮮が外国軍の撤退を、韓国が戦後処理での国連の関与を求めたため決裂し、解決されずに今日に至っている。<下斗米伸夫『アジア冷戦史』2002 中公新書 p.82>  現在もなお韓国と北朝鮮は戦時態勢下にあり、またアメリカ・日本と北朝鮮の間も正式な国交がない状態である。このことが現在の北朝鮮をめぐる諸問題、とりわけ核開発をめぐる六者協議の背景に横たわっている。

板門店

 パンムンジョム。朝鮮戦争休戦協定の交渉が行われたところ。北緯38度線上にあり、現在も南北朝鮮分断の象徴的な場所となっている。現在も南北朝鮮は「休戦」のままにとどまっており、けして完全に戦争が終わったわけではない。いまだに北緯38度線に沿った休戦ラインをはさんで、韓国軍・アメリカ軍と北朝鮮軍がにらみ合っている。板門店では現在も両者が定期的に交渉する場となっている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章2節 ア.朝鮮戦争と冷戦体制の成立
書籍案内

下斗米伸夫
『アジア冷戦史』
2002 中公新書