印刷 | 通常画面に戻る |

大気圏内外水中核実験停止条約/部分的核実験停止条約/PTBT

1963年、米英ソ三国が締結した最初の核実験制限に関する国際条約。部分的核実験停止条約、PTBTともいう。地下実験は容認された。

 1963年、アメリカ・イギリス・ソ連の三国によって締結された、部分的核実験禁止条約=PTBT(Partial Test Ban Treaty)。大気圏内外と水中の核実験は禁止されたが、地下実験は容認された。また当初はフランスと中国が参加しなかった。

原水爆禁止運動の前進

 1954年にアメリカが行った南太平洋のビキニ環礁での水爆実験のため、マーシャル諸島の住民と日本の漁船第5福竜丸が「死の灰」を浴びて犠牲者が出たことは大きな衝撃を世界に与えた。放出された放射能が大気や海中で拡散し、動物の食物連鎖の中で凝縮されて人体と環境に悪影響を及ぼすことが明らかとなった。日本では原水禁運動が始まり、またラッセル・アインシュタイン宣言に代表されるような国際世論も核実験に警鐘を鳴らし核兵器廃絶運動が世界的に広がった。

核戦争の危機

 核実験反対の国際世論が盛り上がり、米ソ両国も無視できなくなってきた。そのようなとき、1962年のキューバ危機で核戦争の脅威を身をもって感じたアメリカのケネディとソ連のフルシチョフ両首脳は核実験の制限に合意し、63年8月14日にこの条約をモスクワで調印した。

核実権の抜け道

 しかし、地下核実験は認められ、核実験そのものは禁止されたのではなかった。また米ソ主導で進められた条約に反発したフランスと中国はこの条約に参加しなかった。フランスの核実験は1960年から、中国の核実験は1964年からいずれも大気圏内で核実験を開始し、70年代まで続けた。
 1998年には国連総会の場で包括的核実験禁止条約(CTBT)が成立したが、アメリカを始め批准をしていない国が多く、まだ実効的になっていない。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第17章1節 ア.米・ソ軍縮と緊張緩和