印刷 | 通常画面に戻る |

南アフリカ連邦/南アフリカ共和国

ケープ植民地を中心に、南アフリカ戦争でイギリスが獲得した地域を含めて1910年に発足し、自治国となる。1961年に白人政府が南アフリカ共和国とすることを宣言。

 イギリスは18世紀70年代から、帝国主義政策を強め、エジプトのカイロと、ケープ植民地のケープタウンを結ぶアフリカ縦断政策をとった。これによって列強によるアフリカ分割がさらに進行した。
 イギリスはケープ植民地の北東につくられたオランダ系白人であるブール人の建てたナタール共和国を1842年に併合し、さらにトランスヴァール共和国オレンジ自由国への攻勢を強め、南アフリカ戦争(ブール戦争 1899~1902年)でこの二国も征服した。

南アフリカ連邦の成立

 イギリスはこれらの植民地を統合して、1910年にイギリス帝国の中の自治領としてケープ植民地・ナタール・トランスヴァール・オレンジの4州からなる南アフリカ連邦を独立させた。南アフリカ連邦はイギリス自治領で組織するイギリス帝国会議の構成国となった。首都はプレトリア。
 1931年にはイギリスのウェストミンスター憲章で、本国イギリスと対等な関係でイギリス連邦の一員となった。
南ア連邦国旗 南アフリカ連邦国旗(1928~1994)
南アフリカ連邦の国旗 4つの国の国旗を合体させためずらしい国旗だった。旗地のオレンジ、白、青の三色は最初に入植したオランダ人(ブール人)の故国オランダの旗(現在のオランダ国旗は、オレンジは赤に変更になっている)。中央に配されているのが、左からイギリス領ケープ植民地とナタールで使われていたイギリス国旗(ユニオン=ジャック)・オレンジ自由国・トランスバールの国旗である。オレンジ自由国とトランスバールもオランダ人が建国したのでオランダの三色が用いられている。1910年に成立したイギリス自治領としての南アフリカ連邦でははじめはユニオンジャックが使われていたが、1928年にイギリス系とオランダ系の融和を図るため、このような国旗が作られた。この国旗は南アフリカ共和国でも国旗とされ、1994年にマンデラ大統領就任の年に現行の国旗に変更された。

アパルトヘイト問題

 南アフリカ連邦はイギリス連邦の一員であったが、白人支配層の多くはブール人(アフリカーナー)といわれるオランダ系であった。同時に本来の住民である多数の黒人が存在していた。白人支配層はかつて黒人の土地を奪い、農園を広げ、黒人を奴隷として使役していた人々の子孫であったので、抜きがたい差別意識を持っていた。黒人差別政策はケープ植民地時代に遡るが、特に第二次世界大戦後、アフリカ各地で黒人国家が独立していくことに恐怖感を抱いた白人支配層が、徹底した黒人抑圧策を採った。それがアパルトヘイトといわれる隔離政策であった。アパルトヘイトという言葉が使われるのは第二次世界大戦後の1948年からであるが、その前提となる人種隔離政策は建国直後の1910年代から始まっており、同時にそれに対する黒人の平等と権利を求める運動も始まった。1912年にはそのような差別と闘う組織としてアフリカ民族会議(ANC)が生まれており、戦後の激しい弾圧にもかかわらずに活動を続けていく。

南アフリカ共和国の宣言

 この非人道的な差別政策は国内の反対運動だけでなく、国際的な批判を受け、本国イギリスも圧力を加えた。そのため、1961年には南アフリカのアフリカーナー系白人からなる政府は、イギリス連邦から離脱して南アフリカ共和国とすることを一方的に宣言した。1994年にはイギリス連邦に復帰したが、この間も、激しい黒人隔離政策を続けた。それに対する激しいアフリカ民族会議を中心とした黒人の反対運動が展開された。
 その結果、1991年にようやくアパルトヘイトを放棄、94年には全人種参加の選挙を実施し、黒人のアフリカ民族会議議長マンデラが大統領となった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章2節 ア.アフリカの植民地化