印刷 | 通常画面に戻る |

イランの伝統文化

ヘレニズムの影響以前のイラン人の独自の文化。

 オリエント世界がアレクサンドロスに征服され、ギリシア文化と融合したヘレニズム文化を形成したが、イランにおいてもセレウコス朝の支配のもと、ギリシア文化が続いていた。前3世紀にイラン人の国家を復興させたパルティアにおいても、当初はギリシア文化が保護され、ギリシア語が公用語とされた。しかし、紀元後1世紀ごろから次第にイラン人としての自覚も強まり、ギリシア文化から脱した独自のイラン文化を発展させるようになった。パルティアでは民衆はパルティア語(ペルシア語系の言葉)をアラム文字で書き表していたが、それが公用語とされるようになった。またゾロアスター教などを中心としたイラン固有の文化が復興した。さらに3世紀からのササン朝ペルシアの時期にはイラン文化を開花させた。イランはその後、イスラーム教を受容し、イスラーム帝国の支配を受けるようになるが、その高度な文化の伝統はアラブ人にはなかったものなので、文化的にはむしろ主流となり、イラン=イスラーム文化が形成されていく。その後もイラン人はイル=ハン国のようにモンゴルの支配を受けるなど、変転するが、異文化を吸収しながらも一貫してイランの伝統文化を保持し、またインドや中国など周辺諸文化に影響を与えている。また中国を等して古代日本の飛鳥や天平文化にも影響が見られることが指摘されている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 ク.イラン文明の特徴