印刷 | 通常画面に戻る |

王政(モナーキー)

古代ギリシアのポリスにおける王政。

王政 Monarchy (モナーキー)は単独(mono)の支配者(alkhos)による政治という意味。アテネには伝説上の最初の王としてテセウスの名が伝わっており、初めは王政が行われた(王はバシレウスといわれた)が、まもなく貴族による寡頭政治である貴族政に移行した。ギリシアのポリスにおいてはアテネ以外でも王政(世襲制の君主による統治)は発展しなかった。潅漑農業の管理を通じて広い地域を一つの権力が統治する必要があったオリエントに比べて、ポリスという小さな国家では強大な王の存在は必要が無かったのであろう。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 カ.民主政へのあゆみ