印刷 | 通常画面に戻る |

リウィウス

前1世紀、ローマ帝政初期の歴史家でローマ建国の歴史を著作。

ローマの建国からアウグストゥス時代まで142巻の大歴史書『歴史』を著した。そのうち現在は40巻ほどが現存する。彼は共和政的貴族政治を理想とし、カエサルの独裁以降に対しては批判的であったが、アウグストゥスは彼を援助し、全巻を完成させた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 ケ.ローマの生活と文化