印刷 | 通常画面に戻る |

プルシャプラ

ガンダーラ地方の中心都市。現在はパキスタンに属する。

インド古代のクシャーナ朝の都。現在のペシャワールで、パキスタンに属する。インダス川上流のガンダーラ地方の中心都市。プルシャプラとは、サンスクリット語で「国境の町」を意味するプラシャ・プラから来たと言われ、それがなまって現在のペシャワールになった。その名の通り、アフガニスタンからカイバル峠を超えてインドに入ったところにあり、交通の要衝であった。クシャーナ朝時代の仏教文化ガンダーラ美術が花咲いたガンダーラ地方の中心都市でもある。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章1節 カ.クシャーナ朝とサータヴァーハナ朝