印刷 | 通常画面に戻る |

アフガン戦争

1838~20世紀初頭まで続くアフガニスタンへのイギリスの侵略戦争。

19世紀に入り、ロシアが南下政策の一環として二度にわたるイラン=ロシア戦争でイランに進出し、さらにアフガニスタン方面にも勢力を伸ばそうとしたことに対して、イギリスはインド権益を防衛する目的で、アフガニスタンを侵略し、アフガン王国がそれに抵抗して起きた3次にわたる戦争。第2次の結果、1879年にイギリスの保護国となり、1919年の第3次で独立を回復する。

第1次(1838~42年)

 ロシアの進出を警戒したイギリス(1837年からヴィクトリア時代)がアフガニスタンを侵略し、カーブルを占拠するが、反英闘争が起こりイギリス軍は撤退した戦争。1837年にイランのカージャール朝軍がロシアの支援(というより命令)を受けてアフガニスタン西部を侵略したことに危機感を持ったイギリスが、1838年にインド総督府軍を送り、カーブルにはいる。これによってイランにアフガニスタンの独立を認めさせた。しかしイギリス兵のアフガン女性への暴行などが続き、1841年、激しい反英活動が起こり、イギリス軍が撤退。その途中でインド兵、一般人を含むイギリス軍が、アフガン軍の追撃により全滅するという敗北を喫した。42年にはイギリス軍が捕虜奪還のため再出兵し、カーブルを破壊した。
その後、ロシアは1853年のクリミア戦争に敗北し、イギリスは1857年のインド大反乱などインドでの民族抵抗に手こずっため、一時的に両国ともアフガニスタンに余力を割くことができなかった。イギリス国内ではアフガニスタンへの積極策と消極策が対立していたが、1874年に保守党のディズレーリ内閣が成立し、積極外交が採られることとなった。一方ロシアの中央アジア進出も活発になり、中央アジアのブハラ、ヒヴァ、コーカンド三国に勢力を伸ばし、さらに1877年からオスマン帝国との露土戦争を開始した。

第2次(1878~80年)

 イギリスがアフガニスタンを保護国化した戦争。1878年にはロシアがアフガン王国に対し軍事同盟の締結を要求したことに対し、イギリスはカーブルへの外交使節の常駐を要求した。アフガン王国がそれを拒否したことを口実に、イギリス軍は再びインドから軍を進め、アフガニスタンに侵攻した。1879年、アフガン王国は外交権をイギリスに渡し保護国となって屈服した。しかし、アフガン兵の反乱部隊によりイギリス使節団が殺される事態となり、イギリスはただちに報復のため軍隊を増派した。ところが1880年7月のマイワンドの戦いではアフガン軍に敗れる(19世紀中のイギリス軍の唯一の敗北)結果となった。本国ではグラッドストーン自由党内閣に代わって撤退を命令、イギリスは再び不名誉な敗北となった。
 その後、イギリスはアフガニスタンの直接統治を諦め、ロシア、イランとの国境交渉を進める。1904年の日露戦争でロシアが日本に敗れたことを機に、ロシアとイギリスの協議が進み、1907年に英露協商が成立してロシアはアフガニスタンをイギリスの勢力圏と認め、さらに第一次世界大戦中にロシア革命が勃発してロシア帝国が崩壊したため、アフガニスタンをめぐるイギリスとロシアの対立は終わる。 → 第3次アフガン戦争 <渡辺光一『アフガニスタン-戦乱の現代史』岩波新書 2003 などによる>

アフガン戦争(第3次)

1919年、アフガン王国がイギリスと戦い独立を承認させた戦争。

 第1次(1838~42)、第2次(1878~80)のアフガン戦争でイギリスの保護国とされたアフガン王国が、1919年にイギリス軍と戦い、独立を承認させた戦争。アフガン王国はイギリスが第一次世界大戦後で疲弊し、インドの独立運動で苦況にあることに乗じて、インドに侵攻し、1ヶ月にわたる戦闘の結果、講和を成立させた。1919年8月にアフガニスタンの外交権回復をイギリスが認め、アフガニスタンが独立国であることが国際的にも認められた。
 しかし、アフガン王国の悲願であったインド領内のパシュトゥーン人居住地域(インダス川西岸)の領有は認められず、第二次世界大戦後はパキスタンとの間で対立が起きる。イギリスが戦闘では敗北したわけではないのにアフガンニスタンの独立を認めたのは、当時インド国内の独立運動が激化しており、財政的にも苦しくなっていたので、インド植民地の維持を優先させる必要があったからである。

Episode 第3次アフガン戦争の真相

(引用)第一次世界大戦後が終了した翌年の1919年、・・・・民族主義者の国王(アマヌッラー)は就任まもない同年5月、インドを支配するイギリス軍に攻撃をしかけた。彼はこの戦いをイギリスに対する「ジハード」つまり「聖戦」であると称し、その目的はアフガン-インドの国境線デュランド=ラインの設定によって失われたパシュトゥーン人の土地を取り返すことにあると宣言した。そして当時のイギリス軍(その大部分はインド人の傭兵であった)は、世界大戦やインド国内の反乱勢力の鎮圧作戦などで疲れきっているとみなし、戦闘での勝算は十分あると考えたのであった。・・・・だが国王の情報収集には限界があった。そのころのイギリス軍には、軍事用に開発された複葉機がすでに配備されており、アフガンの上空に轟音を立てて飛行する物体から放たれた攻撃に、驚天動地の状態となり、通常の交戦には至らなかった。こうして三度目の戦争はわずか二ヶ月足らずのうちに終了した。双方は現在のパキスタンの首都イスラマバードに隣接する古都ラワルピンディーで条約を交わした。・・・(イギリス政府は)アフガン政府への補助金を打ち切ることを決め、インドへの対応に集中することになった。結果としてアフガンは、国境線をデュランド=ラインに最終決定する提案を呑まざるを得なかったが、独立を勝ち取ったのである。<渡辺光一『アフガニスタン』2003 岩波新書 p.72-74>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章1節 エ.イラン・アフガニスタンの動向
第15章3節 カ.トルコ革命とイスラーム諸国の動向
書籍案内

渡辺光一
『アフガニスタン-戦乱の現代史』
2003 岩波新書