印刷 | 通常画面に戻る |

チャンドラグプタ1世

グプタ朝の初代の国王。ウマイヤ朝以来のインドの統一を再現した。

マガダ地方の小国から版図を拡大し、320年、マウリヤ朝と同じパータリプトラを都にグプタ朝をひらいた。ガンジス川流域を統一し、「大王の王」(マハーラージャーディラージャ)と称した。ラージャが王という意味である。

Episode グプタ紀元

 グプタ朝の創始者チャンドラグプタ1世はガンジス川流域を統一してパータリプトラで即位した。その日の西暦320年2月26日を元日として「グプタ紀元」を始めた。グプタ朝以後もこの紀年法は北部インドで続いている。またインドは西欧世界と違い、年代の記録を残すことに熱心ではなかった。そのためインドの歴史では相対的な年代がわからないことが多い(その代表がブッダの生没年で諸説に100年の開きがある)。その中でこのグプタ紀元は年代をはっきりと特定できるので貴重である。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章1節 キ.インド古典文化の黄金期