印刷 | 通常画面に戻る |

マウリヤ朝

マウリヤ朝地図
マウリヤ朝の領域と仏教遺跡

インドのマガダ国の王朝で、前4世紀の末にインドを初めて統一した。前3世紀のアショカ王の最盛期に仏教を保護した。

 古代のインドのガンジス川流域にあった都市国家の一つであるマガダ国ではナンダ朝の王統が続いていたが、前317年、チャンドラグプタ王がナンダ朝を倒してマウリヤ朝を建てた。さらにチャンドラグプタは、アレクサンドロスの侵入によって混乱した西北インドを征服し、インダス川流域からギリシア人勢力を一掃してその支配領域を拡大し、はじめてガンジス川流域からインダス川流域に及ぶ大国(南端部は除く)を建設した。都はガンジス川中流域のパータリプトラに置かれた。マウルヤ朝とも表記する。

マウリヤ朝の統治

 マウリヤ朝はほぼインド全域を支配したが、その統治は中央集権的であり、ガンジス川流域の直轄地に加えて、征服地を4つの属州に分けて統治した。属州にはマウリヤ朝の王子を太守として派遣した。中央政府は大臣や軍司令官の元に多くの官僚・軍人が組織され、租税制度も整備されていた。これらの統治機構はチャンドラグプタを補佐したカウティリヤ(『実利論』の著者で政治思想家としても知られる)の寄与が大きかった。

マウリヤ朝と仏教

 前3世紀のアショーカ王の時代が全盛期で、王の保護によって仏教が栄えた。アショーカ王はデカン南部のカリンガ国を征服したときに、多くの犠牲者を出したことを悔い、仏教に帰依したという。王は前258年にダルマ(仏法)に従った政治を行うことを宣言し、各地に石柱碑と磨崖碑をつくって民衆を教化した。また仏典結集スリランカへの仏教布教を行った。

仏教遺跡の分布

 右の図はアショーカ王時代のマウリヤ朝の支配領域と仏教関係の遺跡の分布を示している。
は磨崖仏、は石柱碑の分布。●は、 a=パータリプトラ(マウリヤ朝の都) b=ブッダガヤ(シャカが悟りをひらいたところ) c=カピラヴァストゥ(シャカの生誕地) d=クシナガラ(シャカの入滅地) e=サールナート(シャカが最初に説法したところ) f=サーンチー(ストゥーパのあるところ)

マウリヤ朝の衰退

 アショーカ王の死後、マウリヤ朝は衰退し前180年に滅亡した。その衰退の理由は、アショーカ王に続く世襲の王たちに人物がいなかったこと、官僚機構や軍隊が強大になりすぎ、財政が破綻したこと、地方勢力の離反が相次いだことなどが考えられる。

インドの分裂期

 その後、前2世紀~紀元後3世紀ごろまでは、インドは長い分裂の時期となった。インドは小国に分裂したが、特に北西インドにはギリシア系やイラン系の国々が興亡した。インド北西部はギリシア系のバクトリアが進出し、その王メナンドロスのころ、一時栄えた。このころ、インドにギリシア文明を源流とするヘレニズムが及んできた。さらに、後1世紀頃バクトリアから起こったクシャーナ朝がインドに進出してきたが、その支配は南インドに及ぶことはなかったのでインド全土を統一したとは言えない。南インドにはサータヴァーハナ朝がインド洋交易で栄えていた。インダス川流域からガンジス川流域、さらにデカン地方もふくめたインドの統一王朝が再び現れるのは320年のグプタ朝を待たなければならない。

印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章1節 オ.統一国家の成立