印刷 | 通常画面に戻る |

ガンジス川

ヒンドスタン平野を東に流れるインドの大河。中流域の都市国家からマウリヤ朝、グプタ朝などが生まれ、ヒンドゥー教・仏教もこの地域で発展した。

都市国家から統一国家へ

ガンジス川流域
ガンジス川とヒンドゥスタン平原
Yahoo Mapに加筆
 ヒマラヤ山脈を水源とし、インド北部のヒンドゥスタン平原を東に流れ、ベンガル湾に注ぐ大河。前1000年頃、アーリヤ人のガンジス川流域への移住が行われ、鉄器時代に入ると共に農耕社会が成立した。いわゆるカースト制度の身分制度もこの征服活動の経過の中で形成されたと考えられている。
 前6世紀頃にはガンジス川流域に多くの都市国家が成長した。それ以来インドの中心地域となって、有力な都市国家コーサラ国マガダ国が生まれた。
 その中のマガダ国に何代か王朝が交代するうちに、ナンダ朝に次いで現れたマウリヤ朝が前4世紀末に初めてインドを統一した。その後のグプタ朝、ヴァルダナ朝などもガンジス流域に興った。

ヒンドゥー教と仏教

 ガンジス流域には有力な政治勢力が生まれただけでなく、インドの民族宗教であるヒンドゥー教を育んだ。ガンジス川は古来、女神ガンガーのもたらした聖なる川とされ、現在も現地ではガンガーと言われて、中流のベナレスはヒンドゥー教最大の聖地で巡礼が集まり、多くの人が沐浴を行うことで知られている。
 また、ガンジス流域は、仏教の始祖ガウタマ=シッダールタ(仏陀)が生まれ、活動した地域であり、その関連遺跡も多数残っている。

ベンガル地方

 ガンジス川の下流の三角州一帯はベンガル地方と言われ、イギリスがインドを植民地化する際に、プラッシーの戦いでフランスと結んだ土豪の勢力を抑え、早い段階で直接支配に乗り出した地域であった。また、この地域はイスラーム教徒が多く、現在はイスラーム教国バングラディシュの領土となっている。