印刷 | 通常画面に戻る |

党錮の禁

後漢末の宦官と党人(官僚派)の対立事件。

後漢末、宦官と儒教の学徒の官僚と対立した。官僚たちを党人と言い、党人が宦官によって禁固にされたので「党錮の禁」という。郷挙里選によって官人となった人々は儒教理念を掲げて実権を握る宦官勢力を批判した。彼らの選出基盤である全国の郷村でも宦官批判が強まった。危機を感じた宦官政府は、166年、弾圧に踏み切り、党人の中心人物李膺以下、200人あまりを捕らえ、投獄した。さらに169年には、李膺ら百名以上を処刑し、多くを再び投獄した。このような「党錮令」による党人派に対する弾圧は20年続き、黄巾の乱が勃発すると、後漢政府は党人と黄巾の賊が連携するのをおそれて、禁令を解除した。官僚と宦官の対立は、中国の歴代王朝でも続き、特に、明末の東林派と非東林派の党争が有名である。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 キ.漢代の政治