印刷 | 通常画面に戻る |

しょく。三国時代、四川地方に劉備が建国。蜀漢ともいう。

三国時代の蜀は、221~263年、長江上流の四川地方を支配した。都は成都。蜀を建てた劉備は、漢の劉氏の血を引くと主張して、帝位についたので蜀漢ともいう。名臣の諸葛孔明(亮)を宰相に、魏・蜀と対抗したが、劉備死後は衰え、263年、魏(司馬炎が実権を握っていた)に滅ぼされた。四川地方の南の雲南に進出し、その地方の開発を進めた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 イ.分裂の時代