印刷 | 通常画面に戻る |

三国時代、江南地方に孫権が建国。

三国時代の呉は、222~280年、長江流域の江南地方を支配し、都を建業(現在の南京)においた。もと後漢末の土豪孫堅が台頭、次いで孫権が魏の曹操、蜀の劉備と対抗しながら勢力を強めた。赤壁の戦いでは蜀と結んで魏に勝ったが、後には蜀と争い、魏の曹丕から呉王に封じられた。222年独立し、229年、建業で帝位につく。その後、国内では豪族の対立が続き、280年に司馬炎の晋に討たれ、三国時代が終わる。呉の時代に江南の開発が始まり、その都建業はその後も南朝の歴代の都として繁栄する。また領土はベトナム北部に広がり、林邑・扶南から朝貢を受けた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 イ.分裂の時代