印刷 | 通常画面に戻る |

回教/清真教

唐以来の中国におけるイスラーム教のこと。またイスラーム教徒を回族という。

 かいきょう。中国ではイスラーム教のことを回回教(フイフイ教)、その略称で回教(かいきょう)と言った。中国ではトルコ系の民族であるウイグル人であり、それを回コツ(回紇)と表記したが、それが広く西域のイスラーム教徒を意味するようになり、その宗教を回教と言うようになった。現在はあまり用いられておらず、中国では「清真教」と言うことが多い。その寺院(モスク)のことを清真寺という。  唐代には海路、広州揚州などにアラビア商人(ムスリム商人)が来航し、蕃坊といわれる居住区を設けており、彼らは大食(タージー)と言われていた。彼らを通じてこれらの港市にもイスラーム教がひろがっていた。
 現在の中国にも北西部の新疆ウイグル自治区のみならず、北京市内などにもイスラーム教徒は多く、清真寺やイスラーム料理店が多数存在している。また中国史の中でもイスラーム教徒で活躍した人物も多く、その代表例が明の永楽帝の時の鄭和である。
 なお、現在の中華人民共和国で、寧夏回族自治区という自治区があるが、この回族とは特定の民族と云うより、イスラーム教徒の集団を云う。新疆ウイグル自治区のウズベキスタンは、独自の言語を維持しているが、寧夏回族自治区の回族は独自の言語や文字を持たず、漢人と同化してしまったがイスラーム教の信仰だけは守っているという人々を指している。 → 中国の少数民族
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章3節 イ.唐の制度と文化