印刷 | 通常画面に戻る |

カシュガル/疏勒

東トルキスタンのタリム盆地に位置するオアシス都市。中国では疏勒という。

東トルキスタン地方のタリム盆地の西の端にあるオアシス都市で、中国では疏勒(そろく)という。現在は新疆ウイグル自治区の一都市。かつてはシルクロードの天山南路にあって最も栄えた都市の一つであった。唐の時代には都護府が置かれ、安西四鎮の一つといわれた。11世紀に成立したトルコ系のカラ=ハン朝時代に、この地に生まれたカシュガリーは、セルジューク朝などのトルコ系諸国を遍歴し、1077年に世界最初のアラビア語で書かれた『トルコ語辞典』を完成させた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第4章1節 ウ.オアシスの生活