印刷 | 通常画面に戻る |

上都

大都と並ぶ元のもう一つの都。内モンゴルにあった。

 モンゴル帝国のフビライが1260年に第5代ハンに即位した時の拠点は現在の内モンゴルのドロン=ノールにあった開平府であった。カラコルムには弟のアリクブケが同じく第5代ハンとして即位した。1264年にアリクブケを倒して統一指導者となったフビライ=ハンは、1264年に正式にカラコルムから遷都し、開平府を上都とし、金の都であった中都(かての燕京、現在の北京に当たる)とともに首都とした。つまり、二つの都を置く両京制としたのであり、夏期は上都、冬期はは中都で執務した。両京制は中国史ではめずらしくなく、唐の長安と洛陽、明の北京と南京などがあげられる。モンゴル帝国の場合は、遊牧地域を抑える上都と、農耕地域を抑える中都という意味があった。この体制は1267年に中都を改めて大都が建設されてからも続いた。元の滅亡の時、破壊された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 イ.元の東アジア支配