印刷 | 通常画面に戻る |

教会大分裂/大シスマ

1378年から1417年の間、ローマ教皇位が分裂し、ローマとアヴィニヨンに並立したこと。大シスマという。

 シスマとはローマ教皇の選出などをめぐって教会に分裂が生じることをいい、1054年の東西教会の分離もシスマといわれた。それ以外にも対立教皇が存在したことは何度かあるが、最も有名なのが百年戦争の時期の1378~1417年のローマとアヴィニヨンの大分裂ので、この時の教会の大分裂を特に大シスマという。
 1377年、ローマ教皇グレゴリウス11世がローマに帰還して教皇のバビロン捕囚は終わりを告げたが、翌年教皇が死ぬと、ローマの貴族と、フランス出身の枢機卿が激しく対立、それぞれがローマとアヴィニヨンに自派の教皇をたてた。こうして同時にローマ教皇が二人存在するという「教会大分裂」(大シスマ)となった。この状態は、1378年から1417年まで続き、教皇のヨーロッパでの政治的影響力がまったく低下し、教皇権の衰退が明らかとなった。この間何度か修復の試みが行われたが、一時は三人の教皇が存在するなどの混乱が続いた。1414~18年のコンスタンツ宗教会議でようやく解消される。
百年戦争の時代的背景 ローマ教皇は中世ヨーロッパにおいては、宗教的権威の頂点に立ち、同時に世俗の権力である国王の王位継承や領土紛争を調停する唯一の“国際調停機関”としての役割を持っていた。十字軍時代はその権威が頂点に達したといえる。しかし、14世紀後半から教皇のバビロン捕囚、教会大分裂と続いた事態は、教皇の権威の低下をもたらし、そのために調停機関を失ったイギリス・フランス両国王の対立は百年戦争という、長期的な戦争へとなっていった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
5章3節 カ.教皇権の衰退