印刷 | 通常画面に戻る |

教会大分裂/大シスマ

1378年から1417年の間、ローマ教皇位が分裂し、ローマとアヴィニヨンに並立したこと。大シスマという。

 シスマとはローマ教皇の選出などをめぐって教会に分裂が生じることをいい、1054年の東西教会の分離もシスマといわれた。それ以外にも対立教皇が存在したことは何度かあるが、最も有名なのが百年戦争の時期の1378~1417年のローマとアヴィニヨンの大分裂ので、この時の教会の大分裂を特に大シスマという。

教皇のアヴィニヨン捕囚が終わる

 1309年のクレメンス5世からローマ教皇が南フランスのアヴィニヨンに移され、フランス王権の監視下に置かれていた。それに対してローマ市民や多くのキリスト教徒から、教皇のローマ帰還を望む声が強まってきた。その声に応えて1377年、ローマ教皇グレゴリウス11世がアヴィニヨンからローマに帰還して教皇のバビロン捕囚は終わりを告げた。

教会大分裂のごたごた

 ところが翌年、教皇グレゴリウス11世が病没、久しぶりにローマで次の教皇を選出する枢機卿会議が開催された。そこではローマの貴族出身の枢機卿とフランス人枢機卿が激しく対立、なかなか決まらないでいると、業を煮やしたローマ市民がローマ教皇庁に乱入、命の危険を感じたフランス人枢機卿たちは逃げだし、残った枢機卿たちがイタリア人でナポリ出身の大司教をウルバヌス6世として選出した。
 ところが、このウルバヌス6世は厳格な性格で怒りっぽく、戒律を守らない枢機卿たちを激しく叱責したため、この人選を後悔した。フランス人の枢機卿たちはアナーニに集まり、ウルバヌス6世の選出は外部の圧力に屈した結果であり、結果は無効であると声明を出し、改めて選挙をやり直した。その結果、クレメンス7世が選出された。ウルバヌス6世は当然それを認めず、ローマで教皇として居座ったので、クレメンスはフランス人枢機卿と共にフランスのアヴィニヨンに戻ってしまった。
 こうして、ローマとアヴィニヨンに同時にローマ教皇が二人存在するという「教会大分裂」(大シスマ)となった。この状態は、1378年から1417年まで続き、教皇のヨーロッパでの政治的影響力がまったく低下し、教皇権の衰退が明らかとなった。
 この間、何度か修復の試みが行われたが、最終局面では三人の教皇が存在するなどの混乱が続いた。1414~18年のコンスタンツ宗教会議でようやく解消に向けて動きはじめる。

ヨーロッパ、二陣営に分かれて争う

 二人の教皇はどちらも定められた枢機卿のすべてから選出されたのではなかったので、それぞれ正統性が疑問視されているが、いずれも正統性を主張して譲らず、互いに破門しあった。現在の教皇庁ではローマの教皇を正統とし、代数もそちらで数える。アヴィニヨンの皇帝は「対立皇帝」と扱われている。
(引用)今やここに二人の教皇が互いに教皇職を争い、その死後それぞれの後継者を残した。西欧キリスト教は一方はローマ教皇庁に、他方はアヴィニヨン教皇庁に従い、「キリストの一つの体」は二つに裂かれてしまった。この分裂は一つの司教区・修道院・小教区・家庭にまでもひろがっていった。西欧教会大分裂は40年間におよび、キリスト教世界の最大不幸であった。<鈴木宣明『ローマ教皇史』教育社歴史新書 p.214>
 またこの分裂は、教会にとどまらずヨーロッパ各国の対立をもたらし、かえってそれが近代国家形成への一つの契機ともなった。
(引用)教皇はキリストの代理者であり、彼への服従は至福の条件であるというが、どこにそのキリストの心の代理人がいるのか。この分裂は発展途上にあった諸近代国家を強化させることになった。というのはそれぞれの国家が、どちらの教皇に属すべきかをみずから決定しなければならなかったからである。神聖ローマ帝国皇帝とイングランドと北欧の大部分は、ウルバヌス6世とその系統の教皇(引用者注、つまりローマ)を支持し、フランス、スコットランド、スペイン、ナポリは、クレメンス7世とその系統の教皇(引用者注、つまりアヴィニヨン)を支持した。<藤代泰三『キリスト教史』1979初刊、2017再刊 講談社学術文庫 p.235>
百年戦争の時代的背景 ローマ教皇は中世ヨーロッパにおいては、宗教的権威の頂点に立ち、同時に世俗の権力である国王の王位継承や領土紛争を調停する唯一の“国際調停機関”としての役割を持っていた。十字軍時代はその権威が頂点に達したといえる。しかし、14世紀後半から教皇のバビロン捕囚、教会大分裂と続いた事態は、教皇の権威の低下をもたらし、そのために調停機関を失ったイギリス・フランス両国王の対立は百年戦争という、長期的な戦争へとなっていった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
5章3節 カ.教皇権の衰退
書籍案内

鈴木宣明
『ローマ教皇史』
教育社歴史新書

藤代泰三
『キリスト教史』
初刊 1979/再刊 2017
講談社学術文庫