印刷 | 通常画面に戻る |

四書大全

明の永楽帝が偏差させた四書の注釈書。

 明の永楽帝が、科挙の試験の基準として編纂させた四書の注釈書。1415年に刊行された。明代の科挙では朱子学がその基本とされたので、出題も朱子が定めた四書が重視されることになった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第7章1節 イ.明初の政治