印刷 | 通常画面に戻る |

バンテン王国

16~19世紀初頭までジャワ島西側にあったイスラーム教国。バンタム王国とも表記する。

 ジャワ島の西端にある港市バンテンを中心に栄えた港市国家。1526年頃からオランダに服属する1813年まで、胡椒などの香辛料貿易で繁栄した。ジャワ島東部のマタラム王国とともにイスラーム教を奉じていた。ジャワ島がイスラーム化したのは、東南アジア最初のイスラーム国家で港市国家として栄えていたマラッカ王国が、1511年にポルトガルによって征服されたため、マラッカ海峡を自由に通れなくなったムスリム商人が、スマトラ島とジャワ島の間のスンダ海峡を通るためにバンテンに進出したのが契機であった。
 初めてイスラーム教を伝えたのはファレテハン、別名スーナン=グヌン=ジャティといい、ジャワ人ではなくスマトラ北端のパセ出身であった。すでにメッカへの巡礼をすませた「ハジ」として尊敬を受けていた彼は、デマ王国の妹と結婚してバンテン付近に勢力を得、デマと協力してパジャジャランを滅ぼし、その子ハサヌッディンの時の1568年に正式にバンテン王国として独立した。ハサヌッディンは領土を広げ、後のジャカルタの地であるスンダ=カラパを傘下に収めて香辛料を主とする貿易王国として栄えた。<永積昭『オランダ東インド会社』1971 講談社学術文庫版 2000 p.26>

オランダ人の侵出

 ポルトガル商人は1522年にジャワ島に姿を現し、交易を開始したが、1580年から本国がスペインと同君王国となることによって事実上併合され、次第に後退していった。代わって1596年に、バンテンの港に初めてオランダ(ネーデルラント連邦共和国)船が現れた。オランダは1619年にジャカルタを占領してバタヴィアと改称し、その地にオランダ東インド会社の商館を設け、アジア貿易の拠点とした。バンテン王国はイギリスに協力して何度かバタヴィアを攻撃したが撃退され、バタヴィアはオランダの拠点として要塞化された。
 17世紀にはジャワ島東部ではマタラム王国がバタヴィアのオランダに対抗していたが、バンテン王国もまた、国王アブドゥルファター(1651年即位)のもとで、バンテン港にオランダ以外のイギリス、フランス、デンマーク、ポルトガルの国々、さらに中国商人やマニラ承認などの入港を勧誘し、繁栄した。そのころバタヴィアのオランダは本国における英蘭戦争とフランスの進攻という危機を迎えており、ジャワ島ではマタラム王国との紛争をかかえていたので、バンテン港には力を注げなかった。しかし、不幸なことに王位を巡って内紛が生じ、オランダの介入を許し、1683年、国王は反乱を起こした息子によって捕らえられ、オランダ側に引き渡され捕らえられてしまった。これを機に1684年からバンテン王国は東ジャワのマタラム王国と同じくオランダ東インド会社の保護を受ける存在となり、またイギリスなどオランダ以外の諸国はジャワ島から撤退し、オランダの優位が確立した。<永積昭『同上』 p.165-167>

バンテン王国の消滅

その間、バンテン王国はオランダから朝貢品を受けながらなおも存続していたが、1733年以来、王位継承の争いが起こってオランダの介入を受け、1751年にはイスラーム教徒の反乱が起こったが、翌1752年、東インド会社はバンテン王国と協定を結び、新たな王の即位を認める一方で宗主権を認めさせ、バンテン王国はあらゆる点で会社の統制のもとにおかれることとなった。王国はなおも名目上は存在したが、1808年に消滅し、国王は退位して王家は年金で生活することとなった。