印刷 | 通常画面に戻る |

バヤジット1世

14~15世紀初頭のオスマン帝国スルタン。アンカラの戦いでティムールに敗れる。

 バヤジット(またはバヤズィット)1世はオスマン帝国の第4代スルタン(在位1389~1403年)。父のムラト1世コソヴォの戦いの際にセルビア貴族に暗殺された後、その後継者となった。またイェニチェリ軍団を編成し、常備軍を整備し強力な君主権を創りだした。彼は片目がつぶれていたとも、やぶ睨みだったとも伝えられているが、イルドリム(電光)とあだ名されるほど迅速に行動する軍事的な天才だった。<三橋冨治男『トルコの歴史』1964 復刻紀伊国屋新書 p.113>

ニコポリスの戦いの勝利

 バヤジット1世は、ビザンツ帝国を牽制するためにバルカン半島のセルビアとボスニアを従属させ、その北にあるハンガリーと対決することとなり、1396年、ニコポリスの戦いでハンガリー王ジギスムントを中心としたヨーロッパのキリスト教国連合軍(十字軍)を破った。オスマン帝国の伝承では、この勝利によって、バグダードのアッバース朝カリフから、スルタンの称号を受けたという。その後、バヤジット1世はビザンツ帝国の都コンスタンティノープルを数回にわたり包囲し、ビザンツ皇帝は1400年、救援を要請に西欧に赴かなければならなかった。

アンカラの戦いの敗北

 ところがその時、中央アジアから進出し西アジアを征服したティムールが小アジアに侵攻、1402年にバヤジットはアンカラの戦いでティムールを迎え撃った。イェニチェリ歩兵部隊が、ティムール騎兵の奇襲を受けて敗北し、バヤジット1世も捕虜となってしまった。ティムールはその後、中国で台頭した明の永楽帝にあたるため東方に転じたため、オスマン帝国は滅亡を免れたが内部対立もあって一時衰えた。一方、オスマン帝国のコンスタンティノープル攻撃も下火となり、ビザンツ帝国も約半世紀間、生きながらえることとなった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章3節 トルコ・イラン世界の展開
書籍案内
トルコの歴史
三橋富治男
『トルコの歴史―オスマン帝国を中心に』
1994  (精選復刻紀伊国屋新書)