印刷 | 通常画面に戻る |

ジギスムント

15世紀のハンガリー王、神聖ローマ皇帝。1396年、ニコポリスの戦いでオスマン帝国軍に敗れる。1414年からのコンスタンツ公会議を召集し、教会の統一を図り、チェコのフス派を弾圧。

 神聖ローマ皇帝、ルクセンブルク家のカール4世の子。1378年にブランデンブルク辺境伯、1387年にハンガリー王となる。その後、神聖ローマ皇帝(ドイツ皇帝、在位1411~37年)として1414~18年のコンスタンツ公会議を召集した。1419年にはベーメン(ボヘミア)王も兼ねようとしたが、ボヘミアの農民の抵抗(フス戦争)を招き、苦戦の上、講和した1436年にベーメン王位を認められた。このように、ジギスムントは14世紀末~15世紀初頭に神聖ローマ皇帝・ハンガリー王・ベーメン王などを兼ねて、オスマン帝国との戦い、カトリックの教会統一、フス派の弾圧などを行った重要な人物である。

オスマン帝国との戦い

 ジギスムントは神聖ローマ皇帝即位前のハンガリー王であったとき、オスマン帝国のバルカン半島への侵出を阻止するために、ヨーロッパのキリスト教諸侯に十字軍の再編を呼びかけ、ドイツやフランスの諸侯の参加を得て、オスマン帝国領に侵攻し、1396年にニコポリスの戦いバヤジット1世と戦った。しかしオスマン帝国の組織的集団戦に対して十字軍の騎士戦法が通じず、敗北を喫した。ジギスムント自身も捕虜になりかけたが辛くも脱出し、ドナウ川から黒海に逃れ、エーゲ海、アドリア海を通ってハンガリーに逃げ帰った。

教会の統一

 オスマン帝国の侵攻は1402年にアンカラの戦いでオスマン帝国がティムールに敗れたため、一時収まったが、ジギスムントはオスマン帝国の伸長に対するキリスト教世界の防衛のためにも、当時大分裂(大シスマ)の状態にあったローマ教皇権の統一を望んだ。神聖ローマ皇帝に即位するとその最大の課題である教会統一問題に取り組み、1414~18年のコンスタンツ公会議を主催して、教会の統一に成功すると共に公会議の優越の実績を作り、さらにローマ教皇を批判するボヘミアのフスやイギリスのウィクリフを異端として断定し、フスを処刑した。

フス派に対する弾圧

 コンスタンツ公会議後、ジギスムントはボヘミア王を兼ねることになったが、異端と断定されたフスが処刑されたため、ボヘミアの新教徒はジギスムントに激しい抵抗を開始した。これがフス戦争である。ジギスムントはフス派との戦いも「十字軍」と称してドイツ諸侯を動員して弾圧にあたったが苦戦し、抵抗は1434年まで続いた。ようやくジギスムントはフス派の要求を一定程度認めるかわりに、ボヘミア王位を承認された。ジギスムントはプラハ大学を閉鎖し、フスを異端として処刑したが、プラハ大学を創建してフスを教授として招聘したのはその父カール4世であった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 カ.教皇権の衰退