印刷 | 通常画面に戻る |

マイソール王国

南インドに成立したヒンドゥー教国。18世紀後半にはイスラーム教徒の王に率いられてイギリスと戦った。

 マイソール王国は南インドのヒンドゥー教国であったヴィジャヤナガル王国が、1565年にイスラーム教勢力との戦いに敗れて崩壊したときに、その副王であったウォディヤール家が現在のカルターナカ州マイソールで分離独立して新王朝を建てたのが始まりとされている。ムガル帝国アウラングゼーブ帝が南インドを征服すると、ヒンドゥー教国としてその勢力下に置かれた。1707年のアウラングゼーブ帝の死後、次第に勢力を強めていったが、中央インドに興ったマラーター王国に北辺を脅かされ、領土を保全するためにその宗主権を認め朝貢するようになった。

イスラーム政権の成立

 18世紀にはヒンドゥー教国のマイソール王国の実権派、イスラーム教徒の武将ハイダル=アリーの手に握られるようになり、1761年に彼は王位を簒奪した。ハイダル=アリーとその子のティプー=スルタンのもとでイスラーム教への改宗が強制されるとともに、マラバール海岸地方のヒンドゥー教徒やキリスト教徒(ポルトガルが支配していたゴアを中心に広がっていた)にたいしても聖戦と称して勢力を広げていった。この親子は同時に領内の農業を奨励し、産業の近代化を図るなどにょって国力の再建に務めた。

イギリスとの戦争

 そのころすでにイギリス東インド会社マドラス(1639年)、フランス東インド会社はポンディシェリ(1673年)を拠点として南インドに進出を介しており、1744~61年のカーナティック戦争でイギリスの優位が確定し、マイソール王国にも危機が迫っていた。  当時、インドでもっとも強力な軍隊を有していたマイソール王国は、イギリスに激しく抵抗し1767年から1799年までの間に、4次にわたるイギリス側からマイソール戦争といわれる戦争を展開した。この間、ヨーロッパ本土ではフランスがアメリカ独立戦争を支援してイギリスと戦い、またフランス革命からナポレオン時代にかけて英仏関係が悪化していたので、マイソール王国のティプー=スルタンはイギリスと戦うためにフランスとの同盟を図った。1780年には8万の軍でマドラスに迫るなどイギリス軍とって大きな脅威となったが、イギリス(ベンガル総督)は1799年に総攻撃をかけ、王都セリンガパタムを落とし、ティプー=スルタンは戦死して戦争が終わり、イギリスは南インドに勢力を拡大した。<渡辺建夫『インド最後の王―ティプー・スルタンの生涯』1980年 晶文社>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章4節 イ.インド地方勢力の台頭
第13章2節 ア.西欧勢力の進出とインドの植民地化
書籍案内
インド最後の王 表紙
渡辺建夫
『インド最後の王―ティプー・スルタンの生涯』
1980年 晶文社