印刷 | 通常画面に戻る |

ティプー=スルタン

ティプー=スルタン
ティプー=スルタン(1753-1799)
中央公論社『世界の歴史』14 p.270

18世紀末、イギリスの植民地化に抵抗して戦ったマイソール王国の国王。

 ティプー=スルタンは南インドのマイソール王国のハイダル=アリーの子。ハイダル=アリーの父はイスラーム教の神秘主義のスーフィーであったらしく、北インドからマイソールに流れてきた。ハイダルは若くして孤児となり、その才覚で軍人となり、イスラーム教徒ながらヒンドゥー教国マイソールの高官となり、実権を握って国王位を簒奪した人物。当時マドラスを拠点に南インドに進出してきたイギリス東インド会社の勢力に果敢に抵抗し、1767年からイギリス側がマイソール戦争と呼ぶ戦争を戦った。第2次マイソール戦争ではマドラスを陥落寸前まで追い込んだが、1782年に死去し、その跡を継いだのがティプー=スルタンだった。
 彼は若い頃から敵国への人質になるなど苦労を重ね、マイソール国王となってからはイギリスとの戦争を継続しながら、それに対抗するためにはインドで分立している勢力の一致協力と、何よりも産業や経済、軍政の近代化が必要だと気がついていた。またイギリスを打倒するためには、広く国際政治を見ることも必要であると認識し、イスラーム世界の中心勢力であるオスマン帝国や、イギリスと対立しているフランスとの同盟を模索して使節を派遣している。しかし、オスマン帝国は北方からのロシアの脅威にさらされているため、イギリスと結ぶ必要があり、ティプー=スルタンの要請には応えなかった。またフランスのルイ16世は革命勃発直前で、その要請に応える余裕はなく、この外交プランはいずれも成果を上げることはできなかった。
 国際的な孤立、インド内部のヒンドゥー教国やヒンドゥー教徒の民衆からの支持がなくなっていくなかで、ティプー=スルタンはなおもイギリス打倒の機会を探るが、その間イギリスもベンガル地方での徴税権獲得などを通じて植民地経営を確立させ、またその範囲を広げようとマイソール王国への圧迫を強めてきた。そうして第3次マイソール戦争(1790~92年)が起こり、マイソール王国はイギリス軍、マラーター同盟軍などに攻撃されて敗北し、ティプー=スルタンは息子二人を人質に取られるなど屈辱的講和を押しつけられた。フランス革命が進行してイギリスとフランスの対立が再び深刻になると、ティプー=スルタンはフランス共和国との提携を模索する。ナポレオンの登場でそれが実現しそうとなると、イギリスはマイソール王国をたたく必要に迫られ、1799年に第4次マイソール戦争でティプー=スルタンを首都スリランガパトラム城に追いつめ、ついに戦死させた。

Episode マイソールの虎 ティプー=スルタン

マイソールの虎
中央公論社『世界の歴史』14 p.271
 イギリス側の記録によるとティプー=スルタンは残虐きわまりない野蛮な王で、戦場では情け容赦なく敵を殺し、捕虜に対する扱いも人道に反する行為が多かったとして、「マイソールの虎」と恐れられた。都のスリランガパトラム城が陥落したとき、その焼け跡から見つかったという細工物が戦利品としてロンドンに送られた。これは虎がヨーロッパ人を悔い殺しているところで、虎の方のところにあるハンドルを回すと、人形に仕込まれた送風機がオルガンを鳴らして、苦しいうめき声を上げるというもの。現在もロンドンのヴィクトリアアンドアルバート博物館にあるという。

印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章2節 ア.西欧勢力の進出とインドの植民地化
書籍案内
インド最後の王 表紙
渡辺建夫
『インド最後の王―ティプー・スルタンの生涯』
1980年 晶文社