印刷 | 通常画面に戻る |

パウルス3世

16世紀のローマ教皇。イギリス国王ヘンリ8世を破門、トリエント公会議を開催し対抗宗教改革を推進。まらミケランジェロに「最後の審判」を描かせた。

 第220代ローマ教皇(在位1534~49)でパウロ3世とも表記する。宗教改革期のローマ教皇として、対抗宗教改革を進めた。イギリスのヘンリ8世を離婚問題によって破門したり、1542年にはローマに宗教裁判所を設置して異端の取り締まりを行った。1545年から63年まで18年かかったトリエント公会議を召集しカトリックの教義と教皇の権威の確立を図った。もっとも途中で死去している。1534年にイエズス会を承認したのもこの教皇である。また、この時期はルネサンスの中心がローマに移った時期であり、ミケランジェロがシスティナ礼拝堂に最後の審判(1534~41年)を描いたのもこの教皇の時である。またパウルス3世は1546年には年老いたミケランジェロに、サン=ピエトロ大聖堂の大改修の継続を命じている。このようにローマ教皇パウルス3世はルネサンスの後援者の一人であった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章3節 ウ.対抗宗教改革