印刷 | 通常画面に戻る |

権利の宣言

1689年、イギリス議会が王権の宣言、国民の諸権利などについて決議した。ウィリアム3世・メアリ2世が受諾して、権利の章典として公布された。

 Declaration of Rights 名誉革命の際の重要文書。イギリス(イングランド)の国民協議会(仮議会)が、前年オランダから迎え、1689年2月にイギリスの共同統治者である国王となったウィリアム3世メアリ2世が、権利の宣言を受諾した。「権利の宣言」は13項目にわたり先王のジェームズ2世の政治を批判し、国民の権利と自由を確認した。ほぼ同一内容で「権利の章典」として改めて議会で制定された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 ウ.イギリス議会政治の確立