印刷 | 通常画面に戻る |

農業革命

18世紀後半イギリスで産業革命と平行して起こった輪作法の普及などに伴う農村社会の変革。

 農業革命とは、技術面では中世以来の三圃制農業に代わって輪作法が普及し、農業経営ではジェントリーによる経営に代わって資本主義的農場経営中心に変化したことを言う。
 産業革命の産業経済の発展は都市人口を増加させ、その食糧供給のために農村でも穀物増産にせまられた。その過程で起こった第2次囲い込み(エンクロージャー)の進行に伴い、さらに農民の賃金労働者かが進み、地主から広大な土地を借りた資本家がその賃金労働者を雇って、利益を上げるために穀物生産を行う資本主義的農場経営が広がった。農業技術も、それまでの伝統的な三圃制農業に代わって、ノーフォーク農法と言われる、四圃制農業(かぶ、大麦、クローバー、小麦を輪作する輪作法)が行われるようになり、穀物生産が増大し、産業革命による人口増加を支えることが可能となった。 → イギリス(6)
 ジェントリーなどの保守層は自己の権益と農村社会の維持を図って、1815年に穀物法を制定したが、産業資本家は自由貿易を要求し、ついに1846年に穀物法は廃止される。これは農業革命を完成を意味し、これによってイギリス農村は、中世的な共同体的自給自足経営や非商業的な体質は一掃され、大土地所有者は減少し、基本的には商業的借地農業経営者(農業資本家)と雇用労働者からなる農村社会に変質した。  
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
10章1節 第11章1節 ア.世界最初の産業革命